50代からのアウトプット~読んでくれなくてもいい

50代からのアウトプット

50代は、アウトプットが重要だそうだ。

知識を惜しみなく出していかなければ、

新しいことを学ぼうとする意欲がかないらしい。

頭の中のモノを出すと、頭にきができる。

アウトプットするには、インプットが必要になる。

それの繰り返し。

読んでくれなくてもいい

読んでくれなくてもいい。

そんなつもりで始めたブログ。

もうかれこれ、1年以上続いている。

ブログを始めたきっかけは、

ハローワークの情報が少なかったから。

もちろんハローワークの記事はたくさんある。

しかし、早期退職する中高年に適切な情報がなかった。

自分と同じ立場で退職する人に、

情報を残しておこうと思ったのがきっかけ。

初期の記事は、読まれずほとんど削除してしまった。

でも、ハローワークの記事は、

いまだに読んでくれる人がいて嬉しい。

アウトプットの方法

アウトプットとは?

それは、

話すこと
書くこと
行動すること
記録すること

ようは、外に発散できれば、なんでもいいらしい。

現代では、簡単にアウトプットできる。

SNS、ブログ、YouTube

雑誌にコメントを投稿してみたり。

作家ヘミングウェイは、その日に書いた文字数を記録していた。

日記や食事の記録なども、読み返すと変化に気づくようだ。

アウトプットの比率

「アウトプット大全」より、アウトプットの黄金比率は以下の通り。

インプット:アウトプット=3:

なかなかにハードルが高い。

同じ話を繰り返すばかりでは、

ボケたのかと思われる歳だしなぁ…

あとがき

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

誰にも読まれなくなったら、ブログは辞めるつもりです。

読んでくださる方がいると、とても励みになります。

それまでは、アウトプットを続けていこう。

ブログを始めるなら国内シェアNo.1のエックスサーバー

コメントをどうぞ