トムとジェリー|悲しくも感動の最終回は都市伝説?

トムとジェリーのフィギュア

トムとジェリー

子供の頃、アニメでよく見た記憶がある。

ストーリーよりも、主題歌のフレーズが耳に残っている。

トム・トム・トムニャーゴ♪

ジェリー・ジェリー・ジェリーチュウ♬

意地悪な猫が、クレバーなネズミに翻弄されるコミカルな印象が強い。

ところで、

最終回のストーリー「夢よもう一度」をご存じだろうか?

都市伝説の最終回

夢よもう一度

トムとジェリーが喧嘩しているシーン

トムは、自分の命の終わりが来ているのを知ったとき、

そっとジェリーの前から姿を消しました。

ジェリーの前で、弱く涙もろくなった自分を見せたくなかったのです。

トムは、ずっとジェリーの喧嘩相手として生き続けたかったのです。

トムがいなくなったことに気付いたジェリー。

寂しがるジェリー

悲しくはなかったのですが、退屈になると思いました。 

トムとの喧嘩は、スリルのあるゲームでした。

胸の奥がチクチクするけど、それが何なのかわかりません。

トムの願い通り、ジェリーのなかでは仲の悪い喧嘩相手だったのです。

ある日、ジェリーの家に一匹の猫がやってきました。

トムより小さくのろまな猫です。

寂しかったジェリーは、この猫を喧嘩相手にしようと考えました。

チーズを仕掛けるジェリー

ジェリーは、三角チーズが仕掛けられたネズミ捕りで、

罠を張ることにしました。

いつも、トムにそうしていたように。

そして、猫がネズミ捕りに近付くのを見て、

ジェリーはしめしめと思いました。

手をはさんで飛び上がる猫の姿が浮かんで愉快です。

しかし、その猫はトムではありません。

猫はチーズには目もくれず、

目にもとまらぬ速さで、ジェリーの体をガブリと噛みました。

血まみれのジェリーは、

薄れゆく意識の中で、トムのことを考えました。

本当は、ネズミが猫と喧嘩して勝てるわけないんだ。

いつもトムは、ジェリーにやられたふりをしてくれていたのだ。

そのとき初めて、トムの優しさと友情に気づいたのでした。

トムがいなくなったとき、

胸がチクチクした正体がわかりました。

かけがえのない友を無くした悲しみだったのです。

ジェリーの魂が体から抜けると、

空には優しく微笑むトムが待っていました。

ジェリーを抱きしめるトム

「また、喧嘩できるね。」

「望むところさ。今度こそ捕まえてやるぞ。」

あとがき

実は、この最終回は、ネットで出回っている都市伝説らしい。

1963年にスタートした「トムとジェリー」は、原作者が亡くなった今も続いている。

最終回は、まだ迎えていない。

ネットの話しが、よくできた物語なので、美談として語り継がれているようだ。

「夢よもう一度」のタイトルは存在するが、全く別のストーリーだった。

ほっとした。

トムジェリーがじゃれ合っているところを、これからも見られるのだから。

コメントをどうぞ