山本五十六|やってみせ、言って聞かせて、させてみて

山本五十六の名言

山本五十六いそろくは、時代に翻弄された悲運の英雄です。

彼の人物像を背景に、多くの映画やドラマが作られました。

海軍大将でありながら、日独伊三国同盟に反対。

しかし、第二次世界大戦勃発により、意思に反して真珠湾奇襲攻撃を開始。

最後は、ソロモン諸島上空で撃墜され、悲運の末路を辿りました。

彼の残した名言は、現代社会人の心にも沁みるものです。

スポンサーリンク

山本五十六の名言

やってみせ 
言って聞かせて
させてみて
誉めてやらねば
人は動かじ

<原文>
やって見せ
説いて聞かせて
やらせてみ
讃めてやらねば
人は動かぬ

※仕事を教えるのでも、めてやると云うことが、秘訣のようであります、讃めると云うことは馬鹿な奴をおだてると云うことではなく、共に喜ぶことなのであります。

苦しいこともあるだろう
言いたいこともあるだろう
不満なこともあるだろう
腹の立つこともあるだろう
泣きたいこともあるだろう
これらをじっとこらえてゆくのが
男の修行である

※猛特訓に苦しむ兵のために書いてやったといわれます。

山本五十六記念館

新潟県長岡市にある山本五十六記念館

海軍一式陸上攻撃機」の左翼部分

山本五十六が搭乗して撃墜された「海軍一式陸上攻撃機」の左翼部分が展示されています。

損傷が激しく、墜落当時の様子が生々しく伝わります。

また、ハワイにある戦艦ミズーリ記念館とも深いつながりがあります。

乗艦していた戦艦長門ながと軍艦旗が、ミズーリ記念館から寄贈されて展示中です。

山本五十六のパスポート

こちらは、山本五十六のパスポート。

年 表
  • 明治17年
    旧長岡藩士族高野家に生まれる
    父56歳の時に生まれたので五十六と命名
  • 大正5年
    旧長岡藩士山本家を継ぐ
  • 大正8年
    アメリカ合衆国ハーバード大学で学ぶ
  • 昭和9年
    ロンドン軍縮会議予備交渉の海軍代表
  • 昭和14年
    聯合艦隊司令長官
  • 昭和15年
    海軍大将

    日独伊三国同盟に反対

  • 昭和16年
    12月8日 真珠湾攻撃
  • 昭和17年
    ミッドウェー作戦で大敗
  • 昭和18年
    4月 ソロモン諸島上空(ブーゲンビル島)で米軍機に撃墜され戦死
    (享年60歳)
  • 昭和18年
    5月 元帥
    6月 国葬(皇族以外の平民が国葬された最初の人物)

山本五十六記念館
・新潟県長岡市呉服町1丁目4-1
・TEL:0258-37-8001
・入館料:大人500円

あとがき

山本五十六記念館は、悲惨な戦争を現代に伝えていました。

記念館をあとにして、新潟市まで足を延ばしました。

新潟市に訪れた際は、必ず立ち寄る新潟中央卸売市場の水産食堂

市場で働く職員向けの食堂ですが、一般客もウェルカム。

水産食堂の海鮮丼

人気No.1の特選海鮮丼は、このボリュームで1,180円

機会があればご賞味ください。