FIREとひとりぼっち|ぼっちで悩む全ての人へ

FIREを達成すると、有り余る時間が手に入ります。

しかし、家族や親しい友人は働いています。

孤独感を嚙みしめている人が、いるのではないでしょうか?

今回は、”ひとりぼっち”について考えます。

スポンサーリンク

ぼっち

ぼっち」は、ひとりぼっちの略。
何かを一緒に行う仲間がいない人のこと。
ぼっち飯」は、ひとりで食事をとること。

人によって、ぼっちになる背景は様々でしょう。

  • 仲間になりたいのに入れてもらえない
  • 仲間と馴れ合うことが苦手
  • ひとりで居ることが好き

ところが、FIREを達成すると、しばらくは否応なしに「ぼっち」になります。

  • 親しい友人たちは働いている
  • 上司も部下もいなくなる
  • 仕事上の人脈はなくなる
  • 名刺がなくなる
  • 肩書がなくなる

これまで勤めていた会社の看板は、なくなります。

起業して名刺を作っても「あなた誰?」となるでしょう。

ひとり行動のすすめ

FIREを達成する前に「ひとり行動」に慣れておきましょう。

第二の人生では「ひとり行動」が大切になってきます。

会社員時代

組織に所属していると、良くも悪くもひとりでは行動できません。

  • 朝は会議や資料。
  • 昼は営業や報告。
  • 夜は接待や宴会。

休日にゴルフコンペや社内旅行、運動会もあるでしょう。

気の進まない宴席、無理にお酒を飲んだり、必要以上にはしゃいだり。面白くもないのに笑って見せたり。

FIRE達成後

FIREを達成すると、会社員時代に苦痛を感じていたことは、一切やる必要がありません。

好きな人と、好きな時間に、好きな場所へ行くことができます。

でも、平日は?

誰と昼食をとる?

自分は暇だけど、友人や家族はこれまで通り働いています。

ひとり行動のクセをつけておく。

思い返してみてください。

  • 会社帰りに、独り居酒屋でお酒を飲んだことがありますか?
  • ホテルのラウンジで、独り珈琲を飲んだことがありますか?
  • 独りで旅行したことがありますか?
  • 独りで映画や演劇を鑑賞したことがありますか?
  • 独りで美術館に入ったことがありますか?

孤独を遠ざける

「ひとり行動」が苦手な人は、孤独になりがち。

高齢者の孤立無援、孤独死が社会問題になっています。

現役時代、仕事に執着していた人は、特に顕著けんちょです。

趣味や旅行を遠ざけ、家族や地域とのコミュニケーションをおろそかにし、定年後に引きこもってしまったことに後悔する人が多いようです。

ひとり行動の本質

独りが苦手な人も、訓練すれば「ひとり行動」に慣れてきます。

「ひとり行動」を、単なる単独行動で終わらせるのは残念です。

「ひとり行動」の本質とは。

単独行動で、素の自分をさらけ出し、他人に存在を認めてもらうこと。

看板も肩書きもない個人が、ひとりで行動し、新しい人間関係を築くこと。

FIRE達成後は、新しいことにチャレンジし、新しい人脈づくりを目指しましょう!

会社を辞める前に

退職前に「自分のやりたいこと」をリストアップしましょう。

何のために会社を辞めるのか?
会社を辞めて何をするのか?

FIREが、会社からの逃避で終わらせてはいけません。

あとがき

私は、ひとりでも苦痛ではありません。

ひとりで海外旅行にも出かけます。

もちろん家族や友人は大切にしています。

ひとりが好きでも、孤独になりたくありませんからね。

当サイトでは、中高年の「Side FIRE」を応援しています。