世界一美しいアントワープ中央駅|フランダースの犬~ネロのクリスマスマーケット

アントワープ中央駅

アントワープ中央駅は、世界一美しいとされる駅。1895年から10年かけて建設された。ガラス張りの屋根、ドーム型の玄関ホール、荘厳なたたずまいは、ベルギーの重要文化財だ。

12月は、アントワープもクリスマスマーケットで盛り上がる。

フランダースの犬で、ネロが見たかったルーベンスの絵画も観てみたい。

駅のホーム

ところが…

早速やらかした。

海外あるある。降りる駅を間違えた。

アントワープB駅

アントワープC(中央駅)で降りるはずが、アントワープBで降りてしまった。

世界一美しいはずが、どうりで平凡な駅だと思った。

ヨーロッパは、改札もなく駅員もいない。しれっとホームに戻ったが、30分後の電車が来ない。1時間以上待つも、なんのアナウンスもない。

気を取り直して…

アントワープ中央駅

こちらが、アントワープ中央駅。3階建てのホームが圧巻のスケール。

駅舎の中へ

博物館のような駅舎。

駅舎

絢爛豪華な広場に目を奪われる。

カフェ

構内のカフェまで洒落ている。

カフェの店内

ル・ロイヤル・カフェ。

コーヒーブレイク

通勤の1杯は、至福のひとときだろう。

クリスマス装飾の街並み

ノートル大聖堂まで、トラムで移動できるが、ゆっくり歩いてクリスマスを楽しむ。

市庁舎

これは1500年代に建築された市庁舎。

古代ローマ人のブラボー

銅像は、古代ローマ人のブラボー。

ブラボーが、巨人の手(アント)を切って投げた(ワープ)ことから、アントワープの地名が付いた。

ノートルダム大聖堂

お目当てのノートルダム大聖堂。

大聖堂の手前に、ネロパトラッシュが横たわっている。

ネロとパトラッシュ

???

中国人が造ったらしい。ネロパトラッシュも、もっと可愛いだろ!(怒)

日本で大ヒットしたアニメは、ベルギー人には馴染みが薄い。バッドエンドの物語が、万人受けしないようだ。

ノートルダム大聖堂

ネロが見たかった、3枚のルーベンスの絵がある。

聖母被昇天

祭壇中央に「聖母被昇天」

キリスト昇架

左に「キリスト昇架」

キリスト降架

右に「キリスト降架」

ネロを思い出すと、なんだか泣けてきた…

夜になるまで街を散策。

巨人の手

巨人の手。

ワントワープシーフビール

地ビールのアントワープシーフ。ベルギーはビールの国。アルコール度数も高い。

ライトアップされるノートルダム大聖堂

16:30 日の入り。

トータルダム大聖堂のクリスマスツリー

イルミネーション点灯。

ライトアップされた街並み

街中がライトアップされる。

アントワープの電飾文字A

アントワープのA。

ライトアップされたアントワープ中央駅

アントワープ中央駅もライトアップされていた。

アントワープ中央駅の玄関

とても駅の玄関とは思えない。

パリのオルセー美術館も旧い駅舎を改装したものだが、こちらはいまだに現役である。

今回は、ブリュッセル、ブルージュ、アントワープ、3つのクリスマスマーケットに訪れた。

ベルギーに一夜しか居られないなら、アントワープがおすすめだ。

コメントをどうぞ