40代からのチャレンジ|FIREを目指すか、FIを目指すか?

チャレンジ

会社員でFIREを目指す人が多くなりました。

当サイトでは4種類のFIREから「Side FIRE」を推奨しています。

最適解のひとつは、好きな仕事で働き続け資産運用し、年金受給を繰り下げことです。

今回は、現在の会社を辞めないFI」について考えます。

  • F=Financial(金融)
  • I=Independence(独立)
  • R=Retire(引退)
  • E=Early(早い)

FI」とは、経済的に独立していても、会社を辞めない状態です

私は、48歳で副業を始め、52歳で役職定年を迎え、54歳で早期退職しました。

副業が給料と遜色そんしょくない程度になり退職しましたが、会社員を続ける選択肢もありました。

「FI」で働き続けることも、FIRE達成と言えます。

FIREの2面性と達成順序を解説し、最後に私の体験談を語ります。

この記事のおすすめ
  • FIREを目指している人
  • 現在の会社に不満が無い人
  • 経済的自由を手に入れたい人
スポンサーリンク

FIREの2面性

金融資産1億円以上の「おくり人」も、FIRE志向は少数派です。

記事「億り人の意外な素顔」で、詳しく紹介しています。

FIREには、2面性があります。

FIREの2面性

①FI (経済的独立)

②RE(早期退職)

①FI(経済的独立)

給料がなくても、暮らしていける状態です。

精神的に余裕があるため、会社に対する不満は軽減されます。

嫌ならいつでも辞めることが出来る状態です。

②RE(早期退職)

解雇や転職など、望まない早期退職の場合は、辛いものです。

特に中高年は、厳しい再就職事情を覚悟しておく必要があります。

記事「年齢制限55歳?早期退職で覚悟しておく再就職事情」で詳しく紹介しています。

一方で、望んだ早期退職の場合は、手に入れた時間で自由な選択肢が広がります。

輝きに満ちた未来に、精神的にも満足できることでしょう。

FIとREの落とし穴

ところが、「FI」にも「RE」にも注意が必要です。

どちらかにかたよると、リタイア後に後悔したり、生きがいを見失って再就職することになります。

FIRE達成後に、幸福度が上がる人生と、幸福度が下がる人生に2極化してしまうのです。

記事「FIRE達成後の生活」で詳しく紹介しています。

ここまで考えると、ず「FI」を達成してから、ゆっくり「RE」を検討するのが得策なようです。

FI」達成後に「RE」を検討する。

急いで早期退職するのは、踏みとどまりましょう。

Xserverドメイン

FIRE達成の順序

まず「FI」を達成してから、「RE」を考えるのが順序です。

急いで、早期退職する必要はないと考えます。

FIREの達成順序

①まず「FI」を達成する。

②次に「RE」を検討する。

①FI(経済的自立)を達成する

<FI達成>40代50代60代
❶難易度普通
❷自由時間長い普通短い
❸準備期間短い普通長い
❹老後の影響

❶難易度

40代の会社員がFIREを目指し、70歳で年金受給することを前提とします。

私は、平均寿命をかんがみると、70歳で年金を繰り下げ受給するのが最適解だと考えます。

理由は、「6つの年金大改正」で解説しています。

FIRE前に考慮するべき点は2点。

FIREで考慮すること
  • 資産形成
  • 年金受給額

まず、目標資産額はいくらか?

資産形成には、預貯金だけでなく、副業収入も加えます。

当サイトで推奨する「Side FIRE」では、資産2,000万円~5,000万円で基礎生活費を賄い、副業でゆとり費をまかないます。

次に、年金受給額はいくらか?

早期退職の年齢が若すぎると、将来の厚生年金が目減りします。

記事「FIREの甘い罠」で詳しく紹介しています。

老後に資産が枯渇しないか、充分に考慮しておく必要があります。

40代で達成するには時間的に難易度が高く退職金を貰った60代では難易度が低いと言えます。

❷自由時間

40代で達成すると、20年以上の自由時間が手に入ります。

60代で達成すると、70歳の年金受給まで10年もありません。

❸準備期間

40代からチャレンジして、40代で達成するには時間が足りません。

60代で達成するには、充分すぎる準備時間が許されています。

❹老後の影響

若くしてFIREを達成するのは夢です。

一方で、将来の年金受給に大きな支障が出ます。

年金以上に、副業で稼げる力があれば杞憂きゆうですけどね。

結論は、50代でFI達成が現実的です。

②RE(早期退職)を検討する

何のために退職するのか?

まったく働かないのか?

副業を続けるのか?

どこで誰と暮らすのか?

早期退職後のライフプランは、綿密に検討しておきましょう。

単に会社が嫌で辞めただけであれば、ただの逃避とうひです。

生きがいを見つけておかないと、こんな筈ではなかったと後悔することでしょう。

幸せの基準、お金や時間だけでないことに気付いてからでは遅いですからね。

FIREで貰う人生から与える人生へ」で、生きがい探しのヒントを紹介しています。

やりたいことが見つかるまで、働くのも選択肢です。

資産形成のヒント

4%ルール

働かずに不労所得だけで暮らしていくには、相応の資産が必要です。

よく耳にする「4%ルール」。

年間支出額の約25倍を資産形成し、以降は4%の運用益で暮らしていくものです。

仮に年間支出額が400万円だった場合は、1億円の資産形成後にFIRE達成となります。

過去100年間の運用実績から、外国株式インデックスの運用益で4%は可能です。

副業を始める

とはいえ、1億円の資産形成は難易度が高いもの。

当サイトでは、「Side FIRE」を推奨しています。

ある程度の資産を形成し、自由に好きなことをして働きながら暮らしていくものです。

例えば、2,000万円の金融資産を生活防衛資金とし、副業で月20万円稼げれば如何でしょうか?

突然、現実味を帯びた目標になりませんか?

ノウハウの出尽くした、再現性の高い副業を始めてみる。

ちまたでノウハウが出尽くしている副業を、一通り真似てみることです。

意外な自分の適性を見つけることができるものです。

  • せどり(難易度・即収益につながる)
  • アフィリエイト(難易度・広告収益に1年以上かかる)
  • ハンドメイド(難易度・ファンを掴めば販路は多い)
  • 動画編集(難易度・パソコンやソフトが必須だが簡単に収益可能)
  • 不動産賃貸(難易度・再現性が高く会社員との親和性が高い)
  • 物販(難易度・企画製造を外注できれば販路は多い)
  • プログラミング(難易度・本業を超える収入を期待できるが独学は難しい)
  • webデザイン(難易度・webページ制作の需要多いが独学は難しい)
  • YouTube(難易度・自由度が高いが飽和状態で収益化が難しい) 

副業は、クラウドワークスで簡単に見つけられます。

早期退職のヒント 

ストレスの蓄積

親密な人の死は、強烈な苦痛とストレスをもたらしますが、それは時間と共にえるものです。

毎日の満員電車は、終わりのない悪夢のようなもので、人の死よりストレスが蓄積されるとの研究結果がでています。

会社で理不尽な処遇を受けたり、出社するのが精神的につらい時、それは早期退職のタイミングです。

あきらめていた夢

よく勉強して大学に入学し、よい会社へ就職して税金を納める。

自分で決めた人生でしょうか?

言われるがまま社会人になり、お金や時間は自由になったでしょうか?

あきらめていた夢

挑戦すらしなかったこと

一度きりの人生です

目指すべきFIREのかたち

最後に、FIRE達成が幸福度の上がる人生とは限りません。

しかし、チャレンジした人だけが、見ることができるFIREの世界

自分の理想の生き方を、実現するための手段であって欲しいものです。

理想の生き方を目指そう!

まず経済的自由を手に入れ、次に退職するかどうか考えよう。

まず、FIで精神的自由を手に入れることから始めましょう!

あとがき

私は、早期退職の道を選びました。

会社での居心地が悪かったわけでもなく、適度なポジションで給料も不満のないものでした。

旅行好きの私は、一度観光した土地には興味が薄れてしまいます。

また、必要もないのに、人生で引越しを12回も経験しました。

安定した環境、見慣れた街や景色には、どうも興味がないようです。

なぜ早期退職したのか?

それは、FIREという見たことのない世界に、好奇心をき立てられたからだと思っています。

これからFIREを目指す中高年の会社員を応援しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント