まずい?エティハド航空の機内食(前編)関空~アブダビ~ブリュッセル

エティハド航空の機内食(前編)

とても暇なので、機内食を食リポします。

関空からベルギーまで、エティハド航空(UAE)を利用。

関空→アブダビ 11時間40分
→ブリュッセル 7時間10分

関空〜アブダビ

機材B787

17:00 フライト。機材はB787。

機内のシート

機内はガラガラのエコノミークラス。

アメニティ

アメニティがうれしい。

アメニティを広げるとエコバッグ

ポーチの中身は、アイマスク、ハンドクリーム、耳栓、お手拭き。広げるとエコバッグになる。

さすがにイスラム圏。

メッカの方向を示すモニター

モニターが、絶えずメッカの方向を示している。

18:30 離陸後1時間で機内食1回目。

1回目の機内食(チキン)

選択肢は、チキンかフィッシュ。

チキンカレーは、日本の甘口カレー味。マカロニサラダは味がない。ソルトとペッパーでお好みに。サラダに添えてあるトマト?がなんとも言えないマズイ味。抹茶ムースはおいしかった。ハイネケンは、あまり冷えておらず泡だらけに…

1回目の機内食(フィッシュ)

妻のフィッシュを一口もらった。白身魚フライは、日本人好みで普通においしい。

19:30 食後のコーヒータイム。

コーヒー

ミルクだけって言ったら、2個もくれた。

21:30 ポテチとOREOが配られる。

チップスとオレオ

02:00 機内食2回目。

2回目の機内食

選択肢は、エビのカレーピラフか、ベジタリアンフード。

ピラフは、香辛料強目のカレーピラフに甘口のカレーがかかっている。ミックスポテトサラダ、バナナムースがおいしかった。

04:30 アブダビ到着。

トランジットでアブダビ空港

アブダビで、3時間のトランジット。

アブダビ〜ブリュッセル

7:30 フライト。機材はB787。

08:30 機内食3回目。

3回目の機内食

チーズサンドは、温かいとおいしいと思う。クラッカーをまぶしたりんごムースは、冷たいけどおいしい。

12:30 機内食4回目。

4回目の機内食

ビーフを選ぶと、ビーフカレーヌードルがでてきた。またしてもカレーか。ニンニクとスパイスが効いて好みの味だが、塩分濃すぎ。いちごヨーグルトとフルーツ盛りはおいしい。

ペットボトルの水

最後に、余った水。トランジットで持ち込めないので注意。機内食の水を持ち出したが、結局捨てることになった。

あとがき

14:30(現地時間6:30) ブリュッセル到着。乗り継ぎ便で時差8時間、ほとんど眠れず、次の朝を迎えるのはつらい。

UAEアブダビのエティハド航空は、同じUAEエミレーツ航空に比べて評価が低い。

特に遅延や欠航のトラブルが多い。空港もドバイに比べると、ギラギラ感がなく華やかさに欠ける。

ただ、フルキャリアで低価格であることを考えると、遅延が許せる旅ならコスパが高いと思う。今回の航空券は、ひとり往復15万円の激安価格だった。

▼後編に続く。

コメントをどうぞ