イチローvs会社員|定年まで働き続ける力は才能といえるのか?

会社員の才能

継続の才能があるといわれる、イチロー選手の目標はこうだ。

次の目標は、次のヒットです。

打率ではなく、本数を目標にしていた。

調子が悪いと打率は落ちるが、打った本数は減ることがない。

この足し算の考え方が、継続の原点のようだ。

会社員に置き換えるとどうだろうか。

アメリカ人の平均転職回数は、10回だ。

その点、日本人は我慢強い。

同じ会社に40年も勤め続けるのは、

もはや才能といえるのではないだろうか。

次の目標

あなたの次の目標は、なんだろうか?

次のプロジェクト?

次の企画開発?

次の商談?

もしや、こんな風になっていないか。

「次の目標は、明日も出勤すること

「次の目標は、先月より残業すること」

「次の目標は、来年のボーナスをもらうこと」

そんなあなたに、辛辣しんらつな言葉を紹介しよう。

会社に損失をもたらす。
悪意がなくても結果は泥棒と同じこと。
by. 経営の神様:松下幸之助

無駄に会社に居続けるだけでは、才能とは呼ばないだろう。

若者の行動原理

高度成長期に完成をみた、

終身雇用や年功序列を信奉する日本人は多い。

しかし、最近の若者は少し違うようだ。

やりたかった仕事と違う。

「そんな理由」で、次々とやめていく。

もっぱら給料だけでもないようだ。

好きな仕事を任せてもらえる会社なんて、どこにもない。

しかし、「そんな理由」と考える私自身が、

すでに時代遅れなのだろう。

むしろ頼もしい限りではないか。

去りゆく若者と、しがみつく中高年。

バブル期に大量採用した人員構成のゆがみが、さらに助長される。

日本人の美徳

日本の偉人たちに学ぶことは多い。

イチローの継続力

イチロー選手

自分の思ったことをやりつづける事に後悔はありません。それでもし失敗しても後悔は絶対に無いはずですから。
by. イチロー

努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。
by. イチロー

MLBシーズン最多安打(262安打)記録保持者。

通算4367安打は、ギネス世界記録。

2001年、アジア人初のMVP受賞。

王貞治の努力

王貞治

報われない努力があるとすれば、それは努力ではない。
by. 王貞治

通算868本の記録を持つ、世界のホームラン王。

甲子園優勝投手として、二刀流で巨人軍に入団。

しかし、ピッチャーの才能は開花せず、バッターとしても不振にあえぐ。

努力のすえ、一本足打法を生み出した。

稲盛和夫の粘り

稲盛和夫

もうダメだ、無理だというのは、通過点に過ぎない。全ての力を尽くして限界まで粘れば、絶対に成功するのだ。
by. 稲盛和夫

京セラ創業者。

通信業界の牙城を崩すべく、盛田昭夫らと第二電電(KDDI)設立。

日本航空(JAL)経営破綻後の復活を果たしたカリスマ経営者。

あとがき

人徳があり、結果も出し続けるスーパーサラリーマンがいる。

良い意味で、この人には逆らえないという傑物がいるものだ。

それは、会社員としての才能といえるだろう。

ぼんやり会社に居座るだけでは、時間がもったいない。

遊び以外で、何か次の目標を見つけよう!

私の次の目標は、次の不動産を買うことだ。

コメントをどうぞ