年収1000万円の会社員が早期退職する理由|FIREで後悔しない条件を体験談から検証

FIRE挿絵

こんにちは。毎日が日曜日のハロハロです。

本日は7月7日。

私は、ちょうど1年前の「七夕の日」に退職願いを提出しました。

年収1,000万円の給与水準は、早期退職するかどうか悩む微妙な金額だと思います。

実体験を振り返ることで、同じ境遇で悩む会社員の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

年収1,000万円は早期退職するべきか

結論=退職は踏み止まろう!

少しでも不安な気持ちがあるなら、退職は踏みとどまるほうが良いでしょう

心身ともに安定した暮らしが約束されているのであれば、退職後に必ず後悔します。

もう後戻りはできません。

退職後に何をするか決まっていないのであれば、尚更のことです。

但し、転職活動は自由です。

現在の自身の価値を認識したうえで、退職を考えても遅くありません。

現在勤める会社も、以前は貴方が入社を希望した会社であった事を思い出しましょう

退職してもよい条件

退職願の写真
記念にコピーしておいた退職願

退職してもよい条件は、次に当てまる場合だと考えます。

1.既に副業やサイドビジネスで、生活を維持できる金銭的基盤が確保できている。

2.既に転職先が決まっており、やる気に満ちあふれている。

3.転職で減給になり肩書が無くなっても、プライドを捨て新しい事にチャレンジできる。

4.現在の職場を考えると、毎日が苦痛と不安で憂鬱ゆううつな気分になる。

まだ転職先が決まっていない方は、中高年の再就職について厳しい現実を知っておいてください。

年収1,000万円の所得分布

厚生労働省が発表している所得分布です。

年収分布図
<厚生労働省HPから抜粋>

会社員で年収1,000万円以上の方は、所得800万円以上の分布に該当します。

所得800万円以上の世帯数は、全世帯の約20%

私が32年間勤務した金融業界では、30代で年収1,000万円を超える社員が大勢います。

年齢を重ね、順調に管理職となれば更に年収も増加していきます。

しかしながら50歳前後の役職定年を迎える頃には、年収も減額し、最終的には年収1、000万円を維持できるかどうかの水準に落ち込みます。

同じ境遇の中高年の方は、先行き不透明な待遇に、不安感や焦燥感に襲われているでしょう。

ただ、会社組織の中で落ち武者のように感じ、自己肯定感の希薄になった自分であったとしても、世帯全体でみると充分に恵まれていることに思いを寄せてみましょう。

年収1,000万円のリアルな生活

高所得者の買い物イメージ

年収1、000万円という言葉が独り歩きし、世間一般から見ると、さぞかし裕福な暮らしをしているかのうように見られがちです。

金融業界に携わる人間にも、年収1,000万円がステータスのように感じ、さもすれば勝ち組にでもなったかのように錯覚さっかっくしている人間もいます。

高価な時計や輸入車を購入、年に何度も海外旅行、子供の英才教育、連日連夜の接待やゴルフなど、湯水のごとく身銭みぜに散財さんざいします。

身の丈に合わない生活を続けた結果、住宅ローンや子供の学費を支払い終えた頃には、老後の預貯金が残っていないというのが現実です

年収1,000万円=お金持ち」という幻想に薄々気付き始めるのは、定年退職間近になってからが多いように思います。

勿論、若い頃から堅実に貯蓄に励む人間も、多く存在することは付け加えておきます。

 



年収の多いことが美徳ではない

私自身が、もっと早く気付けばよかったと思うことは、「住民税を免除され、子供の給食費を免除される親が、実は節税対策をしている堅実な親である可能性がある」ことです。

また、「年収1,000万円の会社員より、年収84万円の法人経営者の方が、物的に裕福な暮らしをしている可能性が極めて高い」ということです。

私は、この事実に気付くのに50年を要しました。

親や学校の先生は、マネーリテラシーについて何も教えてくれませんでした。

会社員のかたわら副業で不動産事業を初め、税金の仕組みを勉強するに従い、ようやく気付いた事実です。

労働者は搾取されている

マルクス
カール・マルクス

マルクスは「資本論」で語っています。

労働者は「労働力」という商品を提供し、資本家は労働者が生きていけるだけの「賃金」を支払う、これを「労働力の再生産のコスト」と呼びます。

再生産とは、労働者が翌日も元気に職場に来て、仕事ができるような状態にすることです。

資本家は、労働者の再生産のために食費や住居費を賄うことが出来る賃金を支払う必要がありますが、資本家は商品を売って得た代金のうち一部を賃金として支払うだけで、残りの利益は自分の懐に入れてしまいます。

要するに、資本家は、労働者が生んだ価値の一部には対価を支払うけれど、残りの価値(剰余価値)には支払いません。

マルクスは、これを実質的な不払い労働であり、不当な搾取さくしゅであると言っています。

現代に置き換えれば、会社員は会社(もっと言えば国)に搾取されているといえます。

暮らしていける最低限の賃金を与えられ、無尽蔵に税金をむしり取られている状態です。

ヒトラーの源泉徴収制度

ヒトラー
アドルフ・ヒトラー

国民を相手に「源泉徴収制度」を導入したのは、ヒトラーによるナチス・ドイツです。

戦費調達のために、大衆から税金を徴収したのが始まりです。

日本では、1940年に給与からの源泉徴収が始まり、1941年には「定額郵便貯金」が創設推奨され、それぞれ戦費調達に利用されました。

アメリカ合衆国では、第二次世界大戦中の1943年に導入されました。

下図は、国税庁HPから抜粋した、日本の累進課税表です。

年収1,000万円であれば、所得695万円を超える金額に対し、所得税率23%と住民税率10%を加えた合計33%が税金で徴収されることになります。

年収1,100万円を超えてくると、所得900万円を超える金額に対し、所得税率33%と住民税率10%を加えた合計43%の税金が徴収されます。

年収1,000万円から更に給料が増えても、お金持ちになれないことがよく理解できますね。

所得税の早見表
<国税庁HPから抜粋>

国民の3大義務

3大義務

日本の学校教育では、国民の三大義務「教育の義務」「勤労の義務」「納税の義務」を教わります。

良い大学に進学し、大きな会社へ就職し、たくさん給料を貰うことが、あたかも美徳びとくであるかのように誘導されます。

一方で、税金の仕組みや節税方法については、一切教えて貰えませんでした。

節税策を知っている者だけ(知ろうとする者だけ)が、恩恵を受けることができます。

Xserverドメイン

退職前にマネーリテラシーを養う

マネーリテラシー(お金の知識)は、お金持ちの親からお金持ちの子供へと引き継がれ、お金の勉強に無頓着な家庭からお金持ちの子供が誕生することは稀です。

一般家庭に生まれたなら、自らお金に興味を持ち、お金の勉強をする以外にありません

年収1,000万円の貴方が、今更ながらマネーリテラシーに興味がないということであれば、早期退職はお勧めできません。

無職で収入がゼロになっとしても、日本で暮らしていく限り、税金と会保険料は必ず納めなくてはいけませんからね。

資本家への道標

20年前に、ロバート・キヨサキ著書「金持ち父さん貧乏父さん」を読んだ際は、内容ががよく理解できませんでした。

自分自身が、従業者(E)から脱出したことで、自営業者(S)→ビジネスオーナー(B)→投資家(I)への道標みちしるべが理解できるようになりました。

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

新品価格
¥1,590から
(2022/7/7 15:16時点)

タルムードの教え

世界の大富豪にユダヤ人(マーク・ザッカーバーグ/マイケル・ブルームバーグなど数知れず)が多いことは有名です。

ユダヤ人の間では、モーゼの「タルムード」が脈々と受け継がれているといいます。

「バビロン大富豪の教え」5つの黄金法則

 

ユダヤ人の成功哲学「タルムード」金言集 (集英社ビジネス書)

新品価格
¥1,188から
(2022/7/7 15:13時点)

早期退職するメリットとデメリット

私は、金融機関に32年間勤務しながら、副業の不動産賃貸業で生活基盤を確立し、Side FIREを達成しました。

主観となりますが、私が感じるメリットとデメリットです。

早期退職によるメリット

毎日が日曜日

毎日が日曜日です。

好きな時間に、好きな場所へ行くことができます。

幸せを感じる瞬間が増えた

些細ささいなことで幸せを感じます。

毎日、満員電車に乗らなくてもよいですし、雨の日は外出しなくてもよいです。

ストレスが無くなった

日曜日の夕方に、サザエさんを観ても胃が痛くなりません。

会社のわずらわしい人間関係から解放され、好きな人とだけ過ごすことができます。

早期退職によるデメリット

定期健康診断が無い

在職中は、医療費の負担が無く、安心して健康管理ができました。

毎年「人間ドック」基本コースを無料受診できましたし、インフルエンザ予防接種も無料でした。

退職後は、自治体が主催する集団検診などに、自ら応募する必要があります。

参考までに「協会けんぽ」の特定健診内容は、以下の通りです。

  • 問診
  • 身体検査
  • 血圧検査
  • 血液検査(脂質、肝機能、代謝)
  • 尿検査
協会けんぽのパンフレット

指定会場で受診すれば無料ですが、「人間ドック」の検査項目に比べるとかなり見劣りします。

心電図、胃カメラ、エコー検査、X線検査、大腸検査など、心配な部位があれば別途受診する必要がありますね。

ボーナスが無い

ボーナスに関するニュースが流れてくる季節は、少し寂しいものです。

今年のボーナスで何を買おうか?

どこに旅行しようか?

そんな楽しみ方は、出来なくなりました。

年金が目減りする

退職後は、厚生年金を掛けませんので、年金が目減りします

日本年金機構から届いた「ねんきん定期便」によると、会社員時代の年金受取見込額に対し、退職後の年金受取見込額は、年間30万円以上減額となりました。

将来への備えは、事業や投資で補填ほてんするしかありませんね。

あとがき

高収入の会社員に対する増税が顕著です。

増税に反対したところで、相対的な人口が少なく、政府にとって脅威になりません。

個人事業主が税金をコントロールできることに対し、会社員は100%無策です。

年収1,000万円の生活が、思ったより豊かでないことや、美徳でもないことは解説した通りです。

とはいえ、年収1,000万円の会社員が、早期退職する理由多くないと思います。

マネーリテラシーを高め、転職エージェントに登録し、自身の価値を見極めてから行動しても遅くはないでしょう。

中高年の会社員に、参考となれば幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント