京都中央信用金庫|不動産融資の審査基準〜退職後も安心!

不動産融資の審査基準

会社員不動産投資をしている人は、多いと思います。

もし、早期退職したら、現在の不動産融資はどうなるのか?

退職後も、不動産融資を受けることができるのか?

この記事は、早期退職した私が、京都中央信用金庫で聴取した内容です。

これから早期退職を検討している人の、参考になれば幸いです。

この記事のお勧め
  • 会社員で不動産投資をしたい人
  • 退職後も不動産投資を続けたい人
  • 信用金庫の審査基準を知りたい人
スポンサーリンク

退職したら不動産融資はどうなるのか?

信用金庫のイメージ

確定申告(青色申告決算書)を報告する為に、京都中央信用金庫に往訪しました。

実は、私が早期退職したことを、まだ報告していません。

恐る恐る、早期退職したことを担当者へ告げました。

結果、少々驚かれましたが、実行済みの不動産融資に支障はありませんでした。

早期退職しても融資に支障はありません。

ノンバンク融資繰上完済していたことは好感触でした!

退職しても不動産融資を受けられるのか?

更に、退職後も新規で不動産融資を受けられるのか聞いてみました。

物件次第で融資は可能とのことです。

もちろん、審査がありますが、会社員としての看板より、物件の担保価値が重要との回答でした。

会社員の信用も大切ですが、それ以上に担保価値が重要です。

不動産融資の最低限の審査基準

不動産融資を受けるための審査基準についても聞いてみました。

最低でも下記を満たさないと、審査の対象にならないとのこと。

審査基準

① 50年以内

② 頭金は物件価額の10%以上

③ 担保評価が出る物件

但し、某地銀の不正融資問題以降は、新規の会社員に窓口が狭くなったとのこと。

①築50年以内

融資期間は、50年から築年数を差し引いた期間が限界です。

築古のアパートやマンションを手掛けている人には、長期ローンを組みづらく、キャッシュフローが厳しくなりそうですね。

②頭金は物件価額の10%以上

オーバーローンは無論のこと、100%ローンも難しいです。

レバレッジを狙いつつ、返済比率40%未満になるような借入金で、運用したいものです。

ちなみに、借入金返済比率の理想は20%以内と言われています。

③担保評価が出る物件

再建築不可物件や調整区域外物件は、NGです。

以前、土地が細切れの多数筆に分かれた物件を持ち込みましたが、NGでした。

一方、ノンバンクでは、上記に関係なく運用利回りを捻出できればOKになる印象です。

信用金庫は、物件の担保価値を重視。

ノンバンクは、キャッシュフロー重視。

日本政策金融公庫を活用しよう!

都市銀行や地方銀行は、法人重視の経営戦略のため、個人投資家には敷居が高い金融機関です。

一方で、信用金庫信用組合は、地域に密着した個人投資家にも優しい存在。

また、日本政策金融公庫も経済的に立場が弱い女性やシルバーにも寄り添ってくれる、心強い金融機関です。

利便性の高い融資制度がたくさんありますので、HPをチェックしてみることをお勧めします。

日本政策金融公庫は、低金利で個人にも優しい金融機関です!

まとめ

退職後も、引き続き不動産融資を受けられることがわかり安心しました。

不動産投資は、不動産の担保価値が重要です。

当サイトでは、中高年の「Side FIRE」を応援しています。