中高年の年収を上げる方法6選|昇進か?転職か?副業か?

年収を上げる方法

日本のインフレを反映して、ベースアップに応じる企業が目立ちます。

「成果主義」や「ジョブ型雇用」を導入し、優秀な社員のつなぎ止めに必死です。

一方、中高年にベースアップが反映されるかどうかは、はなはだ疑問。

あくまでも、給与全体のベースをアップさせるに過ぎないからです。

中高年にとっては、翌年の給料も約束されない不安定な時代になったものです。

今回は、中高年が年収を上げる方法6つ紹介します。

最後に、実際に年収が上がる年代を紹介しています。

この記事のおすすめ
  • 給料をUPさせたい人
  • 転職を検討している人
  • FIREを目指している人
スポンサーリンク

年収を上げる方法6選

中高年が年収を上げる方法は6つ

年収を上げる方法

①昇進

②残業

③投資

④副業

⑤起業

⑥転職

①昇進

会社で昇給・昇格すること。

昇進に必要な資格やスキルがあれば、必ず取得し習得する必要があります。

実績はもとより、社内での評判も重要な評価軸となります。

最近では、360度サーベイを導入する企業が増えました。

上席の評価だけでなく、同僚部下からの評判も昇進に反映されます。

残念なのは、大企業であるほど、新入社員の時点で一定の昇進レールがひかれていることです。

東大・京大のような帝国大学出身者は、最初から幹部候補生として採用されています。

②残業

管理職になれなかった場合は、残業手当を期待することになります。

会社員にとって、自ら収入を増やせる数少ない手段です。

しかし、フレックスタイムリモートワークが主流になりつつあり、残業機会も減少しています。

また、残業する社員に対して、上席からの評価は一層低くなります。

昇進チャンスを自ら放棄しているようなものです。

③投資

金融資産を増やすために、投資をします。

投資信託から始めても良いので、お金にお金を生んでもらう」経験を積みましょう。

しかし、働かずに不労所得だけで暮らしていくには、相応の資産が必要です。

よく耳にする「4%ルール」。

年間支出額の約25倍を資産形成し、以降は4%の運用益で暮らしていくものです。

仮に年間支出額が400万円だった場合、1億円の資産形成後に、会社を辞めることができます。

④副業

副業を解禁する企業が増えました。

年功序列・終身雇用の時代は終わり、将来の不確定な人生を自分で守る必要があります。

ノウハウが出尽くしている副業を、一通り真似てみることです。

  • せどり(難易度・即収益につながる)
  • アフィリエイト(難易度・広告収益に1年以上かかる)
  • ハンドメイド(難易度・ファンを掴めば販路は多い)
  • 動画編集(難易度・パソコンやソフトが必須だが簡単に収益可能)
  • 不動産賃貸(難易度・再現性が高く会社員との親和性が高い)
  • 物販(難易度・企画製造を外注できれば販路は多い)
  • プログラミング(難易度・本業を超える収入を期待できるが独学は難しい)
  • webデザイン(難易度・webページ制作の需要多いが独学は難しい)
  • YouTube(難易度・自由度が高いが飽和状態で収益化が難しい)

⑤起業

早期退職して起業することも、年収を増やす選択肢。

自由に好きなことをして、働きながら暮らしていくものです。

一定の金融資産を生活防衛資金として準備し、副業で生活費を稼げるようになれば現実味を帯びます。

⑥転職

勤める会社が給料を上げてくれないなら、転職も有効な手段となります。

人生で3回、転職する時代

アメリカでは、転職10回が当たり前です。

年収を上げる転職方法

  • 好業績な業界へ転職 48%
  • 転職と同時に役職が上がる 43%
  • 外資系企業へ転職 40%
  • コンサル企業の交渉力 31%
  • ヘッドハンティング 21%

転職後に年収が上がる業種

  • メーカー系 46%
  • IT系 44%
  • 建設、不動産 25%
  • コンサルティング 21%
  • 金融 15%
  • メディカル 14%
  • 商社 9%
  • 流通、小売り、サービス 8%
  • 官公庁、公共インフラ 1%
  • 広告、マスコミ 1%

IT業界など、好業績の業界へ転職することが吉です。

転職後に年収が上がる評価軸

  • 専門スキル 76%
  • リーダーシップ 45%
  • コミュニケーション能力、適応力 38%
  • 課題解決力 30%
  • 業界知識 28%
  • グローバル対応力 24%
  • 主体性、積極性 21%
  • 論理的思考力 19%
  • 経営力 11%
  • 人脈 11%
  • 人材育成力 7%

専門スキルが圧倒的に評価されます。

転職で年収が上がる年齢

  • 35~39歳 67%
  • 40~44歳 74%
  • 45~49歳 36%
  • 50~54歳 12%
  • 55~59歳 3%
  • 60代 0%

転職で年収が上がる役職

  • 部長クラス 27%
  • 次長クラス 54%
  • 課長クラス 67%
  • 主任・係長クラス 34%
  • 平社員 14%

転職で実際に年収が上がるのは、ミドル層(30代後半~40代)。

高齢になればなるほど、年収UPを望むことが難しくなります。

(出典:PRESIDENT)

あとがき

年収を上げる方法を6つ紹介しました。

①昇進

②残業

③投資

④副業

⑤起業

⑥転職

中高年になった今から、昇進を目指すのは難しいかもしれません。

自分の時間を切り売りする残業は、お勧めしません。

また、中高年の転職には高いハードルが存在します。

中高年でも、リスクを抑えて挑戦できるのが副業だと思います。

副業は、クラウドワークスで簡単に見つけることができます。

自由に好きなことをして働き続け、それで暮らしていけるなら幸せなことです。