本当にFIREしたい?|退職後の有り余る時間と生きがい探し

FIRE後のイメージ(机と椅子の写真)

FIREを夢みる会社員が多くなりました。

貯蓄に励む人。

投資を始める人。

副業に挑戦する人。

ところで、FIREそのものが、人生の目標になっていないでしょうか?

FIREを達成したあとは?

人生100年時代。

どうやら、生きがいを見つけておかないと、後悔するようです。

今回は、退職後の時間について考えます。

この記事のお勧め
  • 幸せなFIREに興味がある人
  • 余暇の過ごし方に興味がある人
  • FIRE後の生きがいを探している人

自由時間

人生の自由時間

こんな試算があります。

■会社員が65歳まで勤め、余暇が平日3時間、週末12時間。

⇒自由時間は、8.7万時間

■65歳以降の老後を90歳まで生き、余暇が毎日12時間。

⇒自由時間は、10.9万時間

改めて老後の自由時間の多さに驚きますね。

長い会社員時代より、短い老後の自由時間が多いですね。

FIRE後の自由時間

それでは、本当にFIREを達成したら、どれぐらいの時間が手に入るでしょうか?

55歳でFIRE達成したら?

⇒自由時間は、15.3万時間

45歳でFIREできたら?

⇒自由時間は、19.7万時間

会社員の2倍の自由時間が手に入ります!

日本人の余暇の過ごし方

休暇の過ごし方(芝生とマグカップの写真)

日本人の余暇

会社員なら、GWや年末年始、夏休みの長期休暇は嬉しいものですよね。

休暇の前日からそわそわ、終業時間が待ち遠しいものです。

ところが、日本人は余暇の使い方が下手なことで有名。

旅行に出かけても、観光地を次々移動し、名所の外観だけで満足します。

私の海外旅行中、ネイティブから「何日滞在するのか?」と質問されたことがあります。

「1泊」と返答すると、

クレイジー!」とあきれた顔が戻ってきました。

一方、まとまった休暇を手に入れても何をしてよいか分からず、夕方のお酒が待ちきれない人も多いことでしょう。

内閣府の世論調査

余暇の過ごし方について、内閣府が世論調査しました(複数回答)

平日の余暇の過ごし方

  • テレビ、ラジオ、新聞、雑誌…62.7%
  • 何もしない31.1%
  • 家族と団らん…29.6%
  • 趣味、娯楽、麻雀、パチンコ等…23.4%
  • 友人等との交際…21.7%

休日の余暇の過ごし方

  • テレビ、ラジオ、新聞、雑誌…43.5%
  • 家族と団らん…32.9%
  • 何もしない26.9%
  • 趣味、娯楽、麻雀、パチンコ等…24.7%
  • 友人等との交際…22.7%

3日以上の連休の過ごし方

  • テレビ、ラジオ、新聞、雑誌…31.0%
  • 1泊2日の旅行…22.2%
  • 何もしない20.7%
  • 家族と団らん…20.4%

年齢別の余暇の過ごし方

年齢別で最も多かった回答です。

  • 60歳以降…「何もしない
  • 40~50歳代…「趣味、娯楽」
  • 30歳代…「家族と団らん」
  • 20歳代…「旅行」

予想はできましたが「何もしない」日本人が多いことに悲しくなりました…

FIRE後の生きがい探し

生きがい探し(ゴルフ場の写真)

生きがい」というと大袈裟おおげさに聞こえますが、現役時代から真剣に考えておく必要があります。

それでなくても「何もしない」日本人。

何のためにFIREするのか考えておかないと、単なる仕事からの逃避とうひで終わりです

生きがい探しのヒントを3つ紹介します。

生きがい探し3つのヒント

①8個の趣味

②ボランティア活動

③あきらめていた夢

①8個の趣味

4種類×2個=8個の趣味

まず、趣味を持つことをおすすめします。

8個の趣味があれば、FIRE後も心配いりません。

❶終わりがある趣味と続けられる趣味

❷お金がかかる趣味とかからない趣味

❸ひとりの趣味と大勢の趣味

❹インドアの趣味とアウトドアの趣味

❶終わりがある趣味と続けられる趣味

お遍路の旅には終着がありますが、世界遺産の旅に終わりはありません。ペットと暮らす趣味は別れが来ますが、園芸は一生続けられます。

❷お金がかかる趣味とかからない趣味

ゴルフはお金がかかる趣味ですが、トレッキングにお金はかかりません。

❸ひとりの趣味と大勢の趣味

ひとりで読書や映画鑑賞できますし、気の合う仲間と料理や麻雀ができます。

❹インドアの趣味とアウトドアの趣味

家でヨガや筋トレができますし、外でスポーツやキャンプができます。

起業して働き続けることも、趣味と言えるでしょう。

②ボランティア活動

人との交流。社会貢献する喜び。

ボランティア活動で、新たな生きがいを発見できるかもしれません。

  • 募金活動…個人や法人に対しお金を募る活動
  • 健康・医療サービス…献血活動、巡回医療、検診、健康診断
  • 自然環境保護…道路・公園の清掃、海浜美化、植林、野鳥保護
  • 国際交流…難民救援、砂漠の緑化、食料支援、留学生交換
  • 多文化共生…外国人の子供サポート、医療相談、生活支援
  • 社会福祉活動…高齢者、子供との交流、給食サービス
  • 障害者支援…身障者学校誘導、レクリエーション、介護サービス
  • 安全生活活動…通学路の安全確保、交通安全運動、危険区域巡回
  • 防災・災害支援…救援物資の確保、輸送、炊き出し、瓦礫撤去
  • 町づくり活動…街の美化、村おこし
  • スポーツ文化芸術振興…スポーツ教室、大会運営、警備
  • 乳幼児児童育成…赤ちゃん支援、児童保育、いじめ相談

③あきらめていた夢

よく勉強して大学に進学し、大きな会社へ就職する。自分で決めた人生でしょうか?

あきらめていた夢

挑戦すらしなかったこと

一度きりの人生です

あとがき

FIREを目指すことが、仕事のモチベーションにつながっていることは良いと思います。

一方、FIRE後の生きがいを考えておかないと、こんなはずじゃなかったと成りかねません。

FIRE後に再就職する人が多いのも、日本人の性分しょうぶんなのでしょう。

当サイトでは、中高年の「Side FIRE」を応援しています。

コメントをどうぞ

  1. ハロハロさん
    初めまして。私はもうすぐ54歳なので同じくらいの年齢と思います。
    相当の給与収入を得ておられたと思いますが、何をもって、思い切って
    FIRE生活に突入されましたか?

    私は経済的にはFIREしても大丈夫なところまで来ているのですが、
    「会社を辞めて、腑抜けた人間にならないだろうか?」と言うのが
    最大の不安材料です。他にも色々ありますが。

    FIREを真剣に考えるまでは、毎日当たり前の様に出勤していましたが、
    今は、「自分が一体何をするのが好きなのか?何をしたいのか?」を
    考えるようになりました。答えは出ていません。

    ご経験から何かアドバイスを頂けると幸いです。

    • 勘定奉行様

      こんには。コメント有難うございます。
      昨日まで旅行で、お返事が遅れて申し訳ございません。

      FIREを志したきっかけは、恥ずかしながら出世競争に敗れたためです。
      詳細は、ブログ「毎日が日曜日|副業を始めた動機を告白します!」で
      語らせて頂いております。

      もともと会社組織や学校など、集団行動には向いていませんでした。
      自分の価値観が認めてもらえないなら、
      自分のやりたいように生きて行こうと決めた次第です。

      何一つ後ろ盾はありませんでしたが、
      何とかなると前向きに考えて行動した結果、
      不動産で食べていけるようになりました。

      ただ、会社を辞めて遣りたいことが決まっていないのであれば、
      早期退職はお勧めできません。

      家族や友人がいたとしても、
      別の意味で孤独感を味わうことになるかもしれません。

      とはいえ、一度きりしかない人生。
      好きなように生きていければ良いのではないかと思います。

      勘定奉行様の、幸せな未来を祈念致します!

  2. ハロハロさん
    ありがとうございました。色々と悩むところです。

    「子供の時になりたかったものを思い出せばよい」
    と言うアドバイスを読んだことがあります。
    野球選手、社長、農業、大学教授、新聞記者・・・
    に憧れた時もありましたね・・・。

    引き続きブログ読ませて頂きます。