まずい?エミレーツ航空の機内食(前編)関空~ドバイ~カイロ

エミレーツ航空の機内食

とても暇なので、機内食を食リポします。

関空からカイロまで、エミレーツ航空(UAE)のエコノミーを利用。

関空→ドバイ  11時間15分
ドバイ→カイロ 4時間15分

関空~ドバイ

エミレーツ航空B777機材

23:30 フライト。機材はB777-300。愛称スタージェットのエコノミークラス。

アメニティ

アメニティは、ポーチの中にアイマスク、靴下、歯磨きセット。

01:00 機内食1回目。

機内食1回目

選択肢は、チキンライスかフィッシュライス。フィッシュライスを選択。タラの照り煮とタイ米のピラフ。豆とパプリカのマヨネーズサラダ。マンゴームース。さりげなく添えてあったビターの板チョコがおいしい。

コーヒー

コーヒーは、マドラーをくれなかった。たいした問題ではないけど…

スリープタイムの照明

就寝モードになると、天井に星々が現れる。

08:00 機内食2回目。

機内食2回目

選択肢は、シーフードライスかオムレツ。ほうれん草を挟んだオムレツを選択。豆はトマト味、コロッケは素揚げ。新鮮なフルーツの盛り合わせ。マンゴーのプレーンヨーグルト。全体的に薄味なので、塩かコショーでお好みに。

ドバイ空港

10:30 ドバイ空港でトランジット。ゴールドが、時価1g単位で販売されていた。

ドバイ~カイロ

エアバス380の外観

13:10 フライト。機材はA380。エアバスの総2階建。離着陸時に感じる重量感と安定感がたまらない。一番好きな機材だ。

15:00 機内食3回目。

機内食3回目

ひよこ豆の入ったラムカレーにチャパティ。モッツァレラチーズとトマトのサラダ。カットフルーツ。レーズン入りの蒸しパンとクロワッサン。わずかにスパイスの効いた甘口のカレーは、今回の食事で一番おいしかった。

17:00 カイロ到着(現地時間10:00)

あとがき

ギザのピラミッド

エミレーツ航空は、JALマイルが積算されるので好きな航空会社。

最新型のエアバスは、エコノミーでもゆったり満足感が高い。一方、ボーイングは、機材の老朽化が目に付く。タッチパネルの反応が遅く操作性も悪い。アメニティの質も明らかに低下した。以前はもっと高級感のあるポーチに、スキンミルクやボールペンなどノベルティも入っていた。

同じUAEのエティハド航空は、口コミ評価が低いものの、チケット価格を考慮すると評価が逆転してもおかしくない。

▼後編に続く。

コメントをどうぞ