エミレーツ航空の機内食(後編)カイロ~ドバイ~関空

エミレーツ航空の機内食

前編から続く。

帰路も暇なので、機内食の食リポを続けます。カイロから関空まで、エミレーツ航空エコノミークラスを利用。

カイロ→ドバイ 3時間20分
ドバイ→関空  9時間

▼前編はこちら。

カイロ~ドバイ

19:30 フライト。機材はA380。一番好きなエアバスの総2階建。

20:30 機内食1回目。

機内食1回目

選択肢は、チキンカレーかラムカレー。前編でラムを選んだので、今回はチキンを選択。香辛料の強いチキンカレーは、チャパティによく合う。サラダは緑黄色野菜に強い酸味の味付け、素材も分からず食べ残した。多くの日本人は嫌いな味だろう。コーヒー風味のシュークリームは、甘すぎずおいしい。チェダーチーズは塩分濃いめ。

チョコレートとアーモンドナッツ

アーモンドナッツとビスケット。スウィートの板チョコは上品な味だ。

コーヒーとミルク

コーヒーは、ミルクだけと言うと2個くれる。しかし、マドラーはくれない。

ペットボトルの水

トランジットで、水は没収されなかった。ちなみに、同じUAEのアブダビでは、水を没収された。

ドバイ空港のゴールド売場

22:30 ドバイ空港でトランジット。24Kゴールドのジュエリー相場は、1g約15,000円だった。

ドバイ~関空

01:00 フライト。機材はB777-300。

JALとのコードシェア便、愛称スタージェット。ちなみにANAの機材B777は、愛称スリーセブン。

アメニティの内容

アメニティは、往路と同じ。ポーチの中にアイマスク、靴下、歯ブラシ、しおり。

03:00  機内食2回目。

機内食2回目

チキンは売り切れ。ポテトとキノコのオムレツ。ブルーベリーヨーグルト。カットフルーツは、水々しいスイカがおいしかった。ネイチャーバレーのシリアルは、おやつに残しておいた。

スナック菓子と飲み物

06:15  まだ消灯時間だが、起きている人に豆菓子と飲み物が配られた。

08:20  機内食3回目。

機内食3回目

選択肢はチキンかビーフ。ビーフを選択。とろみのあるソースが、もっちり麺の焼きそばに絡んでおいしい。緑黄色野菜を刻んださっぱりとしたサラダは、ハーブとパクチーの匂いがして、嫌いな味だが全部食べた。デザートは1回目に食べたシュークリームと同じ。チェダーチーズ、クラッカー、ナッツ、板チョコも同じ品だった。

10:00(日本時間 17:00) 関空到着。

あとがき

復路B777のモニター

往路のB777は老朽化していたが、復路のB777は新しい機材だった。モニターが大きく操作性もすこぶる良好。日程によって、新旧機材に当たり外れがあるようだ。

ドバイ〜関空の機内はガラガラで、運が良ければ足を伸ばして眠ることができる。高評価の航空会社だけに、ホスピタリティは申し分ない。

コメントをどうぞ