50%が自己啓発しない日本人~出世欲もなく転職も消極的な国民性

自己啓発しない日本人

日本人は、会社に満足していない割に、転職や独立にも消極的です。

かといって、社内での出世欲があるわけでもありません。

自己啓発していない日本人は、驚きの52.6%

世界平均18.0%かんがみると、日本人の無気力むきりょくの度合いは、危機的状況にあるといえます。

自己啓発しているか?

自己啓発に関するアンケート結果です。

自己啓発日本(%)世界平均(%)
読書23.234.5
研修セミナー参加11.630.4
資格取得の学習15.922.0
通信教育7.121.8
語学学習9.920.9
副業・兼業8.919.5
ボランティア活動3.417.0
勉強会の主催2.912.8
大学・専門学校1.78.1
その他3.82.2
何も行っていない52.618.0

読書(23.2%)や資格取得の学習(15.9%)など、全項目で世界平均を下回る結果になっています。

一方で「何も行っていない」と回答した日本人は、全体の半数以上。

世界各国で最低の結果です。

自己研鑽しない日本人の統計

(※出典:パーソル総合研究所)

管理職になりたいか?

「現在の勤務先で管理職になりたいか」聴取した結果です。

管理職になりたい割合(%)
インド90.5
ベトナム87.8
フィリピン80.6
中国78.8
マーレシア73.6
インドネシア71.5
フランス68.9
スウェーデン63.1
韓国61.7
タイ59.9
イギリス55.4
香港54.7
アメリカ54.5
台湾49.9
ドイツ45.1
シンガポール43.7
オーストラリア38.0
日本19.8
全体58.6

インド(90.5%)、ベトナム(87.8%)、フィリピン(80.6%)など、アジア圏の出世欲が高いことがわかります。

一方で、日本は最低の19.8%。

全世界(58.6%)から比較しても、出世欲の低い日本人といえます。

現在の会社で働きたいか?

「現在の会社で継続して働きたいか」聴取した結果です。

現在の会社で働きたいか割合(%)
インド88.5
中国85.7
アメリカ79.3
フランス77.1
ドイツ74.6
フィリピン74.3
ベトナム73.3
スウェーデン72.3
イギリス71.6
オーストラリア71.1
タイ70.9
マーレーシア69.3
香港68.7
シンガポール66.0
韓国64.1
インドネシア58.8
台湾58.7
日本56.0
全体71.2

全体平均71.2%に比較して、日本は56.0%の最低でした。

転職したいか?

「転職したいか」聴取した結果です。

転職したいか割合(%)
インド56.8
シンガポール45.2
台湾42.7
アメリカ41.8
中国37.3
スウェーデン36.6
マレーシア35.6
フランス34.5
香港34.0
タイ33.6
オーストラリア32.9
ベトナム32.0
イギリス31.9
フィリピン31.1
ドイツ30.4
韓国28.4
日本25.9
インドネシア20.2
全体35.2

日本は25.9%で、転職意欲も低いといえます。

独立・起業したいか?

「会社を辞めて独立・起業したいか」聴取した結果です。

独立・起業したいか割合(%)
インド57.9
インドネシア52.1
フィリピン43.8
アメリカ40.7
中国40.4
タイ38.9
台湾37.3
マレーシア36.7
ベトナム35.8
シンガポール33.7
スウェーデン31.9
フランス31.0
韓国27.0
イギリス27.0
オーストラリア26.8
香港24.8
ドイツ23.4
日本20.0
全体35.1

人口の多いインド、インドネシア、アメリカ、中国などは転職意欲が高く、人口の少ないヨーロッパなどは転職意欲が低いといえそうです。

ここでも、日本は最低の20.0%で、転職や起業にも興味が無い日本人が浮き彫りです。

あとがき

日本政府は、リスキリングや転職活動を推奨し始めました。

人口減少のなか、期待できる産業に優秀な人材をシフトしていく方針です。

肝心の日本人は、転職や起業の気概は無く、社内で出世を目指す意欲も低いようです。

元気の無い日本人は、年功序列や終身雇用廃止の波に飲み込まれず、うまく立ち回れるでしょうか。

当サイトでは、中高年の「Side FIRE」を応援しています。

CrowdWorks

コメントをどうぞ