セティ・アブシンベル・レイクリゾート|アブシンベル神殿で音と光のショーを楽しむ

アブシンベル神殿のライトアップ

セティ・アブシンベル・レイクリゾートホテル(SETI ABU SIMBEL TOURISTIC VILLAGE)に宿泊した。

アブシンベル神殿の観光は、アスワンから日帰りのバスツアーがポピュラーだ。しかし、往復600kmを6時間で移動し、現地滞在が60分程度の慌ただしい観光となる。

アブシンベル神殿は、世界遺産という概念が生まれた貴重な遺産。せっかくなら宿泊滞在し、音と光のショーや朝陽に輝くラムセス2世像を堪能したい。

サハラ砂漠横断

サハラ砂漠を走るバス

アスワンからサハラ砂漠を300km横断。アブシンベルへ向かう。

ナセル湖へ向かうボート

セティホテルには、ボートに乗り換えナセル湖を進む。

アブシンベル神殿の裏側

ほどなくしてアブシンベル大神殿小神殿の裏側が見えてきた。コンクリートの山に移築された神殿の背面が、こんなふうになっているのかと興味深い。

アブシンベル大神殿の正面に向かうボート

ボートが、神殿の正面に回り込む。

アブシンベル神殿の正面から撮影

ボートの中から、初めて見るアブシンベル大神殿に感動。4体のラムセス2世像が巨大すぎて、人間が豆粒のように見える。

アスワンハイダム建設により、ナセル湖に沈むはずだったアブシンベル神殿。ユネスコと世界の国々の協力で、移築して水没を免れた。1979年 世界遺産登録。

セティ・ホテル

湖から見えるセティホテル

セティホテルが見えてきた。

セティホテルの湖岸

湖岸に停泊し、チェックイン。

セティホテルの敷地

リゾート感あふれるホテル。夏の気温は60度近くになるが、冬は暖かくて過ごしやすい。

ホテルフロント

アラブ建築らしいホテルのフロント。

部屋の外観

部屋は、全室ヴィラタイプ。

へやの中の様子

老朽化は否めないが、エスニックな雰囲気にテンションがあがる。

部屋の調度品

調度品もエジプトっぽい。

バスルーム

バスタブがあるが、どう頑張っても床が水浸しになる。ドライヤーもあり、最低限のアメニティは揃っている。ポットがあるので、持参したコーヒーが飲めた。

バルコニーからの景色

テラスから眺めるナセル湖。切り取った絵のように美しい。

プールからの夕陽

沈む夕陽の景色が最高だ。

音と光のショー

アブシンベル神殿の音と光のショーの入場チケット

夜は、なんといっても音と光のショー

アブシンベル神殿の音と光のショー

アブシンベル神殿の歴史を語る、音と光のスペクタクルショー。当日もっとも観光客が多い国籍の言語で、ナレーションが流れる。訪れた日は、日本語だった。

小神殿のライトアップ

こちらは王妃ネフェルタリの小神殿。ライトアップも宿泊者だけが楽しめる特権だ。

サンライズとラムセス像

早朝のアブシンベル神殿

早朝は、暗いうちに神殿に向かう。

朝日が昇る様子

朝陽が昇ってきた。

朝焼けのアブシンベル大神殿

世界遺産好きとして、感激もひとしおの旅になった。アブシンベル神殿は、ぜひ宿泊して観光することをおすすめしたい。

コメントをどうぞ