マーライオンの現在と過去|世界三大がっかりスポット〜シンガポール編

マーライオンの夜景

先日、世界三大がっかりスポットの「小便小僧」を見た。個人的には、がっかりしなかった。

世界三大がっかりスポット

・マーライオン(シンガポール)
・小便小僧(ブリュッセル)
・人魚姫(コペンハーゲン)

しかし、30年以上前に見たマーライオンには、がっかりした。

過去のマーライオン

シンガポールリバーの埠頭に立つマーライオン

1989年12月に撮影したマーライオン。

大学の政経ゼミで、NICS(新興工業国地域群=シンガポール・香港・台湾・韓国)を専攻し、卒業旅行で訪れた。授業には出席していなかったが、卒業旅行に参加すれば単位をくれるという。慌ててパスポートを取得したのが懐かしい。

1989年12月に撮影したマーライオン。

ほかに観光地もなく、みんなマーライオン目当てにやってくる。しかし、これ以上近付くこともできず、小さいマーライオンを遠目にながめるだけ。このあと、口から出る噴水が故障したまま放置され、世界三大がっかりスポットとして定着してしまった。

もともとマレーシアの一部で物価も安く、現在の発展は到底想像できなかった。

現在のマーライオン

現在のマーライオン母子

一方、現在のマーライオンは、華やかで立派になった。マーライオン母子の周りは、楽しそうな観光客でいっぱいだ。

マリーナベイサンズとマーライオン

マリーナベイに建つ、マリーナベイ・サンズ。カジノ目当てで宿泊した。

インフィニティプールからの眺望

地上200mのサンズ・スカイパークにある、インフィニティプールが有名だ。

プールから見下ろすマーライオン

プールから、マーライオンを見下ろせる。

LEGOでつくられたマーライオン

LEGOでつくるとこんな感じ。

セントーサ島のマーライオン

セントーサ島には、高さ37mのマーライオンタワーもある。口の中が展望台になっているので、暇つぶしに登ってみるといいだろう。

コメントをどうぞ