7色変化のウルル・エアーズロック|登山体験と禁止理由

ウルルの夕焼け

オーストラリアのウルルエアーズロック)は、永久に登山禁止となりました。

滑落かつらく死亡事故30件以上、天候条件による入山確率33%。

危険な急斜面の1枚岩を登るウルル登山。もう二度と叶わない、登っておいて良かった世界遺産です。

ウルル山頂からの景色を紹介します。

スポンサーリンク

ウルルの概要

砂岩層の一枚岩

飛行機からみた広がる砂漠

シドニーからウルルまで、広大な赤土砂漠を横断。ウルルは、大陸の中心に位置し、地球のへそと呼ばれます。

高さ:335m(標高868m)
周囲:9.4km
砂岩層で構成された、世界で2番目に大きな一枚岩。

高さは、東京タワー(333m)やエッフェル塔(324m)に匹敵します。

4億年前の地殻変動で、地層が褶曲しゅうきょくして地上に表れ、7,000年前に現在の姿になりました。

地上に見える岩は、一枚岩全体の5%だけ。地表からほぼ垂直に、無数の縦縞を形成しています。

ちなみに、世界最大の一枚岩は、オーストラリアのマウント・オーガスタ(ウルルの2.5倍)です。

先住民アボリジニ

先住民のイメージ

ウルルは、先住民アボリジニの呼び名。エアーズロックは、イギリス探検家ウィリアムズ・ゴスの命名。

オーストラリア先住民が住み着いたのは、5万年以上前。精霊や水場の位置が描かれた壁画が残され、先住民の聖地とされます。

アボリジニ土地権利法

1976年 アボリジニ土地権利法制定。ウルルは対象除外

1983年 オーストラリア政府は、ウルル所有権を伝統的所有者に返却を宣言。

1985年 所有権を先住民に返却。

2084年まで、一帯の土地をオーストラリアにリースされることになりました。無許可で立ち入った場合は、罰金が科せられます。

世界複合遺産

国立公園内に、2つの山があります。

ウルル(エアーズ・ロック)カタ・ジュタ(マウント・オルガ)

元は巨大なひとつの岩山、雨風に浸食されて現在の姿になりました。

1987年 世界自然遺産に登録。自然美と動植物の進化において、重要なプロセスを示した。

1994年 世界文化遺産に登録。5万年前から住み続ける先住民アボリジニが、過酷な自然環境の中で伝統的な生活と文化を維持し続けている。

自然遺産と文化遺産に指定されたことで、世界複合遺産に登録。

世界複合遺産は「マチュピチュの歴史保護区(ペルー)」「ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ)」「メテオラ(ギリシャ)」など39件が登録されています。複合遺産は、世界遺産全体の3%しかありません。

ウルル登山

登山の概要

山頂まで片道1時間の登山。最大斜度46度の鎖場くさりばをのぼります。過去、滑落かつらくによる死亡事故30件以上、日本人観光客も含まれます。

入山は気象条件に左右され、晴天でも風が吹く場合は禁止。入山できる確率は3分の1。宗教的理由から、撮影禁止や立入禁止区域が多く存在します。

登山禁止の天候条件

  • 気温:最高気温36度以上に予想された場合、朝8時に閉鎖。
  • 風:2500フィート(25ノット)以上の風が吹くと予報された場合。
  • 低気圧:ウルルから50キロ以内の北西または南西に強い低気圧が観測された場合。
  • 雨:今後3時間以内に20%以上の確率で降雨が予報された場合。
  • 雷:今後3時間以内に5%以上の確率で雷雲の発生が予報された場合。
  • 曇天:ウルルの山頂より低く雲が出ている場合。
  • 日没:日の出の1時間半以上前および日の入り後1時間半後。
登山口の看板

登山口の看板。日本語で「登らないこと、これがあるべき姿です」とあります。

ウルル登頂

駐車場に集まるキャラバン

さいわい天候条件に恵まれました。ツーリストを乗せたキャラバンが集まってきます。

立入禁止の看板

一般人の立ち入り禁止区域。

登山開始

最大斜度46度の鎖場を登り始めます。

鎖場

私はトレッキングシューズの準備をおこたり、薄いスニーカーで登山。岩の表面が想像以上に滑り、怖い思いをしました。

急な斜面

左右の視界から、地表が見下ろせるほど切り立った渓谷が迫ります。高所恐怖症の私は、足がすくみます。

どこを観ても崖

右を見ても崖、左を見ても崖。下をのぞくと滑落かつらくしそうです。

尾根の目印

尾根の道標に沿って歩きます。

切り立った崖

平坦な場所も油断できません。

山頂の羅針盤

ウルル山頂に到着。羅針盤が設置されています。ここは「地球のへそ」です。

山頂から360度のパノラマ

爽快!地球の原風景。360度、見渡す限り赤土の砂漠が広がります。

下山開始

さて、下りも慎重に歩きます。

下山の鎖場

往復2時間の登山。無事に下山できて良かった。旅の目的を達成した満足感でいっぱいです。

ウルル登山の永久禁止

2019年10月25日。観光客の登山は永久に禁止されました。

そもそも先住民の間で、祭司さいし以外はウルル登山が認められていません。オーストラリア政府のウルル観光開発も、快く思っていませんでした。

リース料と国立公園入場料の一部を受け取っていたため、観光収入が貴重な収入源である先住民にとって、容認せざるを得なかった事情があります。

岩場のトカゲ

先住民に所有権が返却された現在、登山禁止は当然の結果というわけです。観光客には残念ですが、仕方ないですね。

ウルル観光の楽しみ方

7色変化のウルル

夕焼けに染まるウルル

7色に変化する夕陽鑑賞・朝日鑑賞が最大の楽しみ。季節や天候により、刻々と色を変える一枚岩は神秘的。特に、夕陽で赤く染まるウルルは感動的です。

ウルルのサンンセット

サンセット。世界中のツーリストが一同に集まり、立食パーティが催されます。

見渡す限りの砂漠のなか、ウルルの存在感が際立ちます。

夕陽鑑賞

夕陽鑑賞。

朝陽鑑賞

こちらは、翌日の朝陽鑑賞。逆光に浮かぶウルルも壮大です。

星空観測

遠くに見えるカタ・ジュタ

星空観測も、素晴らしいものです。

なにしろ砂漠のど真ん中、辺りは一縷いちるの光源も存在しません。夜空に輝く満天の星々に息をのみます。もちろん南十字星もよく見えます。

あとがき

ホテルのプール

オーストラリアは、20以上の世界遺産が登録されています。そのなか、ウルルは世界でも数少ない複合遺産。思い切ってひとり旅をして、ウルル登山に挑戦しておいて良かったと思い返しています。