初心者の大文字山|おすすめ登山〜蹴上〜ねじりまんぽ〜水路閣〜金尾の火床〜銀閣寺

大文字山の火床

京都市に4年間暮らしたことがある。

田舎者の私が「大文字焼き」の話をしたら、

生粋きっすい京都人きょうとじんに訂正された。

正式には「五山の送り火」という。

大文字の送り火

田舎では、大文字焼きと呼んでいたが、どうやら失礼にあたるらしい。

五山の送り火は、お盆に迎えた精霊を送る神聖な儀式なのである。

今回、大文字の火床ひどこを見るために、大文字山に登ってみた。

ビギナーにおすすめの低山ハイク。

道中、南禅寺の水路閣も見所のひとつなので楽しみだ。

蹴上起点の縦走コース

蹴上けあげを起点に、銀閣寺が終点の人気コースを歩いた。

登山ルートマップ

大文字山は、466mの低山。

南禅寺で観光したので、実質3時間のトレッキングだった。

駅構内の案内図

京都市営地下鉄「蹴上駅」で下車。

地上から見た蹴上駅

地上に出ると、国道を北上する。

ねじりまんぽ

ねじりまんぽの外観

すぐに、ねじりまんぽの入り口が見えてくる。

ねじりまんぽの説明文

ねじりまんぽは、明治時代に造られた蹴上インクラインを横断するためのトンネル。蹴上インクラインは、上流の蹴上船溜と、下流の南禅寺船溜を結んだ全長582mの傾斜鉄道。

ねじりまんぽトンネルの中

レンガが、らせん状に積まれている。

めずらしい積み方だが、強度が高まるそうだ。

トンネルを抜けると、そこは南禅寺の境内。

南禅寺の法堂

南禅寺は、全国の禅寺で最も高い格式を持つ。

石川五右衛門が、三門から京都市を眺めて言った。「絶景かな絶景かな」

南禅寺の石畳

法堂を曲がると、水路閣が見えてくる。

水路閣

水路閣の外観

水路閣は、明治に竣工した琵琶湖の疏水をひく水路。

別の角度から水路閣の外観

まるで、古代ローマの水道橋みたいだ。

水路閣のアーチから見える景色

レンガのアーチが美しい。

水路閣の上を流れる水流

水路閣の上は、今も水が流れている。

水路閣から始まる登山口

水路閣から登山道が始まる。

整備された登山道

登山道は整備され、小学生の遠足も多い。

大木が道をふさいでいる

ところどころ、大木が倒れていた。

京都一周トレイルの標識

京都1周トレイルの標識。

京都1周トレイルのマップ

京都一周トレイルは、東山~北山~西山を縦走する全長約84Kmのコースと、京北地域をめぐる全長約49Kmのコース。京都の魅力を観光しながら、登山を楽しめる。

もう少しで大文字山の頂上

山頂までもうすぐ。

三角点

三角点466m。

頂上で休憩する登山者達

山頂では、多くの人が休憩していた。

頂上から見わたした景色と京都タワー

京都市内を一望。

真ん中に見えるのは、京都タワー。

昼食のパンとおにぎり

昼食に、うぐいす豆パンとおにぎりを食べた。

山頂で食べるご飯はおいしい。

金尾の火床

下山すると火床が見えてくる

山頂から下り始めると、すぐに大文字の火床が見えてくる。

金尾の火床

中心の火床がこれ。金尾かなわの火床。

金尾の火床の説明図

右大文字の火床は、如意ヶ嶽の支峰・大文字山にある。合計75箇所。金尾かなわの火床が大の字の中心。

山の斜面に段々と並ぶ火床

火床が山の斜面にそって、段々に並んでいる。

なかなか見れない光景に満足だ。

銀閣寺側の登山口

さて、銀閣寺の登山口まで降りてきた。

下山は、あっという間。

銀閣寺の入り口

銀閣寺の入口。

外国人観光客でいっぱいだった。

あとがき

今回紹介したルートは、大文字山登山と南禅寺を巡るトレッキングコース。

南禅寺を観光せず、蹴上インクラインを歩くルートも人気だ。

登山の道中、幼い子供達にもすれ違った。

簡易な装備で挑戦できる、初心者におすすめのルート。

ただし、登山の途中でトイレは無いので注意しよう。

コメントをどうぞ