石垣島リゾートホテルはいむるぶし|小浜島を電動レンタサイクルで走る!

ホテル外観はいむるぶしの看板

JALどこかにマイル石垣空港編。

12月の石垣島。

夏は高くて泊まれない、石垣島の高級リゾートホテルに泊まってみよう。

楽天トラベルで検索。もっとも高い評価(4.7)だったのが、はいむるぶし

星野リゾートでなくてよかった…オフシーズンでも高いからな。

はいむるぶし

はいむるぶしは、小浜島こはまじまにある。

石垣港離島ターミナル

石垣港離島ターミナルから、フェリーで30分。

石垣港離島ターミナル

離島行きフェリーは揺れるが、だいぶん慣れた。

送迎バス

小浜港から、送迎の予約は必要ない。大型バスが、フェリー発着時間に合わせてピストン輸送している。

はいむるぶし|玄関

シーサーもクリスマス仕様。

玄関

ハイビスカスで飾られたエントランス。

オフシーズンのレセプション

オフシーズンだが、大型バスが何台もやってくる。受付を済ませるのに10分ほど待つ。

スタッフの送迎

受付が済むと、スタッフがカートで送迎してくれる。

宿泊棟

国立公園にある40万㎡の敷地は広い。

宿泊棟

宿泊棟に到着。

スーペリアルーム

本日の部屋は、スーペリアルーム。スイートとスタンダードの中間だ。

テラスからの景色

テラスから海が見える。

バスルーム

セパレートのバスルームは充分広い。

オリオンビールでくつろぐ。

さっそく、オリオンビールでくつろぐ。TVモニターは、60インチはあるだろう。

高級アメニティ

アメニティのひとつひとつが高級。驚いたのは、BOSEのBluetoothスピーカーが置いてあったこと。お気に入りの音楽を高音質で聴くことができる。

露天風呂

施設内に露天風呂もある。

ホームページ参照の露天風呂

*出典:はいむるぶしHP

部屋から歩いて5分かかるので、1度しか入浴しなかった。

施設マップ

フロントに連絡すれば、スタッフがカートで送迎してくれるのだが、なんだか申し訳ない。

広い園内

広い園内を散策してみる。

プール

さすがにプールで泳いでいる人はいないな。

サンセット広場でブランコをこぐ妻

サンセット広場の夕日が綺麗らしい。あいにく曇り空で残念だ。

園内の子やぎ

園内の子やぎと目があう。

自動芝刈り機

ルンバのような自動芝刈り機が、延々と働き続けていた。

クラブラウンジ

スイートルーム専用のクラブラウンジ。ここには入れない。

園内を1周するのに、ゆっくり1時間ぐらいかかった。やはり夏に来ると楽しそうだ。

さて、夕食の時間だ。

メニュー

ホテルの外まで送迎してくれるが、小さい島の集落に飲食店が多いわけではない。

現実的には、ホテルのレストランを利用することになる。当日予約できるメニューも豊富だ。

レストランの水槽

ダイニングの入り口はひとつ。なかで3種類のレストランに分かれる。

コースメニュー

コースメニューは、ひとり6000円から。あぐー豚のしゃぶしゃぶにした。サラダやご飯はブッフェ形式なので満腹になる。

ブルーシールのアイスクリーム

一番嬉しかったのは、ブルーシールのアイスクリームが食べ放題だったこと。結局、1個しか食べられなかったけど…

地元シンガーのライブ

地元シンガーソングライターのLIVE演奏、シニカルなトークが意外に面白かった。

朝食会場

翌朝、遅めの朝食をいただく。

朝食

ブッフェひとり2240円。

チェックアウトは11時だが、フェリーの時間まで、園内の施設を利用できる。

電動レンタサイクルは、1時間700円。2時間借りることにした。

シュガーロード

さとうきび畑の直線が1km続くシュガーロード。島の観光名所だ。

大岳からの眺望

小浜島の最高峰は、標高99mの大岳うふだき。八重山の展望台と言われ、周辺の島々が360度見渡せた。

しかし、眺望が良いのは隣の西大岳いりうふだきらしい。

西大岳からの眺望

西大岳にも登ってみた。NHKドラマ「ちゅらさん」の撮影に使われた。

コーラルビーチ

コーラルビーチは、珊瑚礁が外洋まで広がる美しいビーチ。今日は透明度が今ひとつ。夏に来るべきだろう。

ソーキそばの店

途中、集落で昼食をいただく。

八重山そば

八重山そば700円。ソーキが柔らかくておいしい。

島の直線道路から見る絶景

そろそろホテルに戻ろう。海からの潮風が気持ちよい。

ホテルのシーサー

ホテルに到着。2時間で島を半周。約10kmのサイクリングと登山を楽しめた。

小浜島のアクセス

石垣港離島ターミナルからフェリーで30分。片道1400円、往復2700円。

同じフェリー会社を利用する場合のみ、往復割引が適用される。

チェックアウト後も、アクティビティで遊べるので、あえてフェリー時間を遅らせるのもいいだろう。

安栄観光八重山観光フェリーの2社が運行している。

沖縄県八重山郡竹富町小浜2930
TEL:0980-85-3111

あとがき

従業員の接客は、よく訓練されている。挨拶や笑顔、心配りが行き届いていると感じた。

フロントやレストランに内線すると、必ずこちらの名前を呼んで受けてくれる。ぬちぐすい(命の薬)の心でもてなす申し分のないホスピタリティだ。

天候が良ければ、12月中旬から6月初旬にかけて南十字星を拝める。

石垣島から1泊2日の小旅行。予算は、ホテル、フェリー、レンタサイクル、外食費用込み、夫婦で約5万円。

海で泳ぐ年齢でもない。オンシーズンの半額以下で、高級リゾートを満喫できるのはお得だと感じた。

楽天トラベル

コメントをどうぞ