揺れる!フェリー太古|博多~五島列島の料金と時刻表

フェリー太古

野母商船が運行する「フェリー太古たいこ」は、博多~五島ごとう列島を結ぶ定期フェリー。

所要時間は、片道8時間30分。

かつては、太古丸と呼ばれていました。

名前から想像する古びた船舶ではなく、近代的な旅客フェリーです。

五島列島までの船旅を紹介します。

フェリー太古の船旅

今回、ツアーで博多港から福江港まで乗船しました。

意外にも綺麗な船舶で嬉しい限り。

乗船券

博多23:45出航。

波葉の湯

出航まで3時間あるので、ターミナル隣接の温浴施設へ。波葉なみはの湯、大人950円(土日祝1,050円)

フェリー乗船口

さて、フェリー乗船口。

フェリー太古

太古へ乗り込みます。

フェリーデッキ

フェリー太古へようこそ。

船室入口

デッキから船室入口へ。

フェリー受付

1組づつ、受付から客室まで案内してくれます。

インフォメーション

インフォメーション。

お土産も豊富にそろっています。

太古のシンボルマーク

太古のシンボルマーク。

豪華な生け花

豪華な造花。

船内階段

客室は2階へ。

舞い上がれ!のポスター

テレビで感涙した「舞いあがれ!」

否が応でも、気分が盛り上がります。

アート作品

色とりどりのアート。

211号室

ツイン211号室。

客室

客室は、こんな感じ。

収納可能なテーブル

テーブルは、収納可能。

デザインクロス

椿つばきのデザインクロスがお洒落しゃれ

椿は、五島列島のシンボルです。

コンセント

コンセントが2個あり、充電も安心。

アメニティ類は無いので、準備が必要です。

1階の雑魚寝

1階スタンダードルームは、こんな感じ。

自販機コーナー

メニュー豊富な自動販売機。

雑誌類

リラックスルームの雑誌類。

ゲームコーナー

ゲームコーナー。

コインは景品と交換できます。

化粧室

清潔な化粧室。

シャワールーム

終日利用可能なシャワールームは、男女合計4つ。

早朝に利用しましたが、混雑する様子はなし。温度も湯量も、申し分なし。

ドライヤーのみ備え付け、タオルや石鹸はありません。

展望ラウンジ

翌朝、展望ラウンジをのぞいてみました。

展望ラウンジのソファ

ソファでくつろぐことができます。

展望ラウンジからの朝日

朝日が昇り始めました。

展望ラウンジから、デッキへ出ると…

デッキから五島列島の景色

五島列島の素敵な景色が広がっています!

ルートマップ

ルートマップ、もうすぐ福江港。

福江の街

街が見えてきました。

ばらもん凧

8:15 定刻通り福江港に入港。

バラモンだこが出迎えてくれました。

楽天トラベル

フェリー太古の概要

フェリー航路

フェリー太古は、博多(福岡)と五島列島(長崎)を結ぶ夜行フェリー。

博多港~福江港の約220kmを、片道8時間30分で結びます。

航海ルート

太古たいこの由来は、漢詩の一節「静如太古(しずかなることたいこのごとし)」から。悠久の時を湛える海の静謐せいひつと、航海の無事を祈りを込めて名付けられました。全長94m・全幅14.4m・総トン数1,598t・旅客定員350名・車輌数55台。

船内案内図

1Fパブリックスペース
2F指定席・指定客室スペース

・定員4名スイート1室。専用の展望デッキあり。
・ツイン16室。テレビやスリッパの備え付けあり。
・定員4名ファミリー2室。
・スタンダードは、雑魚寝ざこね

運賃

博多
3,840円宇久
4,000円480円小値賀
4,370円1,230円960円青方
4,750円2,520円2,080円1,240円奈留
4,930円2,890円2,600円1,660円650円福江

客室料金

クラス定員下り(博多発)  上り(福江発)  
スイート 1室4名+17,600円+8,800円
ファミリー 2室4名+9,600円+4,800円
ツイン 16室2名+5,200円+2,600円
グリーン寝台54席+2,200円+2,200円
グリーン和室  21席+1,500円+1,500円

時刻表

博多宇久小値賀青方奈留福江
下り便23:45発3:55着
4:05発
4:40着
4:50発
5:40着
6:05発
7:25着
7:35発
8:15着
上り便17:50着13:45着
13:55発
13:00着
13:10発
11:50着
12:10発
10:10発

深夜、博多港から乗船し、目覚めると福江港に到着しています。

あとがき

大瀬崎断崖

やはり、外海そとうみは揺れます

当日は、あいにくの時化しけで、波の高さ2.5m~3m。

ただ、五島列島の入江に近付くと穏やかになります。

フェリー太古は、清潔で快適な船旅でした。

コメントをどうぞ