おひとりさまのリスク~こんな状態なら「うつ病」を疑え!

会社員時代、毎年メンタルヘルス研修を受けた。

部下の顔色をうかがいながら、仕事をしなくてはいけない。

研修で教わったことで、衝撃を受けたことがある。

部下を叱ってはいけません!

はあぁ??

意味がわからんが…

理由はこうだ。

最近の若者は、叱られた経験がない。

親にも叱られず、先生にも叱られたことがない。

よって、上司から叱られても若者には理解できませんというものだ。

親父にもぶたれたこと無いのに!

これは冗談ではない。

管理職のオジサン達が、大真面目に受ける研修だ。

自分の若い頃は、先生に殴られ、毎日のように職員室の掃除をさせられた。

もはや、自分の常識が、下手するとモラルハラスメントにつながる。

恐ろしい時代になってしまったものだ。

スポンサーリンク

うつ病を疑え!

さて、研修では、部下の精神疾患について教わる。

特に「うつ病」のサインを見逃してはいけない。

こんな状態になったら「うつ病」を疑ってみよう。

・悲しい
・憂鬱だ
・楽しくない
・楽しかったことが楽しくなくなった
・人に会いたくない
・何事にも興味がわかない
・自分には価値がない
・疲れやすい
・だるい
・元気がでない
・集中力がない
・意欲がない
・食欲がない
・心配事が頭から離れない
・失望から立ち直れない
・寝つきが悪い
・朝早く目覚める
・早く目覚めたあと眠れない
・夕方より朝の体調が悪い

特に、楽しかったことが、億劫おっくうに思い始めたら危険信号だ。

人の目が気になり、人に会いたくないのも要注意。

おひとりさまのリスク

孤独死は、年々増加している。

特に、40~50代の独身男性に多い。

女性は、年齢に比例して85歳以上に多く、これは平均寿命に近い。

孤独死を招く3大要因は、以下の通り。

孤独死の3大原因

自殺
循環器疾患
アルコール性肝障害

社会的に孤立した状況・生活環境で、孤独死が発生しやすいようだ。

気になるのは、健康診断で高血圧や糖尿病を指摘されながら、医療機関を受診していないケースがほとんどらしい。

働き盛りの中高年は、注意したい。

あとがき

私の勤めた会社でも、精神疾患で出社できない人は珍しくなかった。

自分の命を絶ってしまう者も多かった。

とても悲しい。

それでは、「うつ病」に追い込んだ管理職がどうなるかというと…

ここでは語れないな…

理不尽な世の中であることだけは、間違いない。

言えることは、自分の身は自分で守ること!