下部温泉郷|下部ホテル日帰り温泉で富士山ボロネーゼを食べる

下部温泉

下部しもべ温泉郷に寄ってみた。

山梨県の身延みのぶ町にある。

老舗の下部ホテル(楽天評価4.60)で、日帰り温泉が楽しめるそうだ。

なにやら、珍しいボロネーゼ専門店もあるらしい。

チーズをふんだんに使用した「富士山ボロネーゼ」に興味をそそられる。

下部温泉郷

下部ホテルは、JR下部温泉駅に隣接している。

車でアクセスする場合は、本栖湖から国号300号線で30分。

常葉川に架かる、いで湯橋を渡るとJR下部温泉駅に到着する。

下部温泉郷の看板

いで湯橋から、遠くに見える「下部温泉郷」の看板。

まるで、丘の斜面に建つハリウッドサインみたいだ。

日帰り入浴時間の看板

橋を渡ると、すぐに下部ホテルが見えてくる。

日帰り入浴11時~15時とある。

ちょうど11時に到着した。

下部ホテル

下部ホテルの全景。

約100年の歴史を誇る。

新渡戸稲造や、石原裕次郎が湯治で宿泊していたそうだ。

日帰りは左方向の看板

日帰りの車は、左方向へ。

ボロネーゼ専門店の看板

駐車場の横で、ボロネーゼ専門店が営業している。

あとで食べてみよう。

下部ホテルの玄関

車を置いて、エントランスへ向かう。

下部ホテルの玄関

下部ホテルの門構え。

ホテルの受付

レセプションで、日帰り温泉を申し出る。

大人ひとり1200円

フロント係が、手際よくカード決済してくれた。

三種類の温泉

温泉入口

温泉は、三種類の源泉を楽しめる。

・庭園から湧出する、硫黄泉
・引き湯の、下部温泉共同泉
・しもべ奥の、湯高温源泉

土足置き場

土足を脱いで、男湯は左へ。

脱衣所の温泉案内看板

大浴場手前に、単純硫黄
大浴場奥、ヒノキ風呂、岩風呂に、単純アルカリ

脱衣所

広い脱衣所。

ドライヤーの備え付け

ドライヤーも備えつけてある。

タオルは無いので、持ち込むか、フロントで購入しよう。

岩風呂

※画像提供:下部ホテル/岩風呂

すべての温泉に浸かってみた。

硫黄泉は独特の臭いだが、温泉らしくて良かった。

下部温泉ボロネーゼ

さて、お腹がすいてきた。

時刻は11時30分。

下部温泉ボロネーゼの看板

ボロネーゼ専門店のオープンは、11時30分から。

なんだか、うまくできている。

行動を先読みされているみたいだ。

店舗に続くホテルの通路

さっそく、お店に突入してみよう。

廊下の突き当り

長い廊下を左へ。

店舗の看板

下部温泉ボロネーゼは、東京発祥BIGORIブランドのチェーン店のようだ。

廊下の鉢植え

突き当りを右へ。

店舗の入り口

すでに営業中。

店舗の客席の様子

オープン直後だったが、すでに客が集まっている。

店舗の全景

このあと、12時過ぎには満席になった。

ボロネーゼのメニュー

なにやらインパクトのあるメニュー。

ボロネーゼとは、ラグー・アッラ・ボロニェーゼの略称。イタリアの都市ボローニャの名物。牛肉や野菜を赤ワインで煮込んだフランス料理「ラグー」を参考に作られた。

ボロネーゼのメニュー1ページ目

選べるのは、ボロネーゼのみ。

メニューの拡大写真

やはり、富士山チーズボロネーゼ(Mサイズ1200円)にしよう!

さすがに、樹海チーズは遠慮しておく。

飲み放題のコンソメスープが置いてあるテーブル

コンソメスープは飲み放題。

激辛オイルが置いてあるテーブル

お好みで、唐辛子風味の激辛オイル。

コンソメスープ

コンソメスープが美味しすぎて、3杯もおかわりした。

富士山チーズボロネーゼ

そして、富士山チーズボロネーゼ(Mサイズ)

山頂の残雪をイメージしたチーズが、ボリューム満点。

このチーズは、牛乳を原料とした超硬質チーズ「グラナ・パダーノ」らしい。

富士山チーズボロネーゼを食べている様子

チーズがフワフワ、口のなかで熔ける。

温泉水で茹で上げた太麺パスタの下に、チョップした牛肉がゴロゴロ入って食べ応えも充分。

赤ワインとトマトペーストが絡んだ深い味覚だった。

下部ホテルの足湯と展示室

日帰り温泉でも、館内の施設を利用できる。

庭園に面した足湯

庭園に面した足湯。

庭園の鯉

池の鯉をのんびり眺めながら、贅沢な時間を過ごせる。

ホテルのロビー

もちろん、広いロビーも使える。

ホテルの売店

ロビーで営業している売店。

売店の売り場に、ゆるキャン△グッズ

身延みのぶ町は、街全体でゆるキャン△を応援している。

本栖湖畔の浩庵こうあんキャンプ場が、ゆるキャン△の聖地である。

石原裕次郎写真展

石原裕次郎の常設写真展にも入ってみた。

石原裕次郎写真展の内部

言わずと知れた、昭和の大スター。

石原裕次郎の写真

湯治で宿泊した様子が、写真に残されている。

若い世代は、知らない人が増えて寂しい。

ホテルで購入したお土産

たくさんお土産を買った(妻が…)

日帰り温泉定休日:不定休
入浴時間:11:00 〜 20:00
料金:大人 1200円・子供 600円
食事付き休憩料金:5000円
食事なし休憩料金:0円

下部温泉郷 下部ホテル
山梨県南巨摩郡身延町上之平1900
TEL:0556-36-0311

楽天トラベル

あとがき

しもべの湯

こちらは、多目的温泉施設「ヘルシースパ サンロード しもべの湯

2023年4月、下部ホテルの真向かいにオープンした。

下部ホテルに向かう道中、駐車場係員の誘導に従い、間違って入庫してしまった。

少し中を覗いたが、フィットネス併設のスーパー銭湯のようだ。

入浴料金は、大人1080円。

どうせなら差額120円で、下部ホテルを満喫したい思うのだが、どうだろうか?

コメントをどうぞ