花巻市観光と中尊寺金色堂|いわて花巻空港JALどこかにマイルの旅

JAL便

JALどこかにマイル。

わずか7000マイルで、どこかにフライトできるミステリーツアーのような特典航空券。

今回は「いわて花巻空港」に当選。

花巻市の10段ソフトクリームを食べ、大谷翔平選手の母校や中尊寺金色堂を巡りました。

いわて花巻空港

機内の様子

伊丹空港からフライト。機材はエンブラエル170のプロペラ機。

平日で、機内はガラガラ。あいにく悪天候のため、機内は揺れます。

飴

ドリンクサービスは中止。フライト中の数少ない楽しみなので残念。

代わりにあめが配られました。

いわて花巻空港

いわて花巻空港に到着。こちらも、あいにくの大雨。

レンタカー

ORIXレンタカーで、レンタカーを借ります。

3日間の相棒はフィット。空港敷地内にレンタカースペースがあり、移動も便利。

クレジットカード

旅に、JALカードとORIX株主優待カードをフル活用。ORIXレンタカーも10%割引でした。

マルカンビル10段ソフトクリーム

マルカンビル

最初に向かったのは、花巻市内にあるマルカンビル大食堂。デパートだった頃の面影が残ります。

アイスクリームのショーケース

お目当ては、花巻のソウルフード「10段巻きソフトクリーム

10段ソフトクリーム

なんと、サンプル通りの大きな10段巻きソフトクリームでした。

これが230円260円に値上げしました)とは信じられない!

▼次の記事で、マルカンビル大食堂を詳しく紹介しています。

宮沢賢治記念館

宮沢賢治記念館

続いて訪れたのが、宮沢賢治記念館

宮沢賢治記念館

無料駐車場が完備されており、入館料350円。

手帳のレプリカ

宮沢賢治は、花巻市を代表する偉人。

「雨ニモマケズ」手帳のレプリカです。

年表

37歳の若さで逝去せいきょした偉人。

宮沢賢治の絵
宮沢賢治の絵画

詩人としてだけでなく、画家や技士としても有名だったんですね。

大沢温泉自炊部湯治屋

湯治宿

本日の宿は、南花巻温泉郷にある大沢温泉自炊部湯治屋

湯治屋とうじやは、普通の温泉旅館とは違い、湯治を目的にした療養者が多く訪れます。

大沢温泉看板

築200年の建物と看板に趣きを感じます。大沢温泉は、宮沢賢治ゆかりの宿でもあります。

露天風呂

豊沢川をのぞむ混浴露天風呂「大沢の湯」が最高でした。

食事付・寝具付プランは、ひとり4,870円で宿泊できました。

ビジネスホテル並みのお値段で、本格露天風呂を堪能できますのでお勧めです。

▼次の記事で、大沢温泉を詳しく紹介しています。

釜淵の滝

釜淵の滝

翌日、釜淵の滝を散策します。

高さ8.5m・幅30mの大きな岩上を清流が流れ落ちます。

熊に注意!

クマが出るようです。恐いので鐘を鳴らして歩きます。

釜淵の滝

これが釜淵の滝。

釜淵の滝

茨城県の「袋田の滝」を小振りにしたような滝でした。

大谷翔平選手の記念モニュメント

花巻東高校
花巻東高校

続いて訪れたのが、花巻東高校。大谷翔平選手の母校です。

モニュメント

大谷翔平選手菊池雄星選手のMLBオールスター出場記念モニュメントを観てきました。

▼次の記事で、記念モニュメントを詳しく紹介しています。

やぶ屋総本店

やぶ屋総本店

昼食は、椀子わんこそばで有名なやぶ屋総本店

3,300円で椀子わんこそばが食べられます。挑戦者がたくさん並んでいました。

蕎麦

私は、普通にカツ丼セットにしました。さすがに蕎麦がおいしい。

中尊寺金色堂

中尊寺案内看板

旅の最終目的地は、平泉の世界遺産「中尊寺金色堂

参拝するのは2回目ですが、世界遺産好きには欠かせません。

不動堂

不動堂。

大日堂

大日堂。

入場券売り場

チケット売場の隣に、新しく売店ができていました。

館内入口

本堂の撮影は禁止。

イメージ写真

堂内のイメージ。黄金の極楽浄土に圧倒されます。

松尾芭蕉の碑

松尾芭蕉も、奥の細道で巡拝したそうです。

カードラウンジはありません

いわて花巻空港に戻ってきました。

松尾芭蕉の絵柄の自動販売機
自動販売機の宮沢賢治

気付くと宮沢賢治のモチーフが至る所に。サイダーと言えば、宮沢賢治なんですね。

空港レストラン

残念ながら、いわて花巻空港JAL/ANAカードラウンジはありません。

冷麺

レストランで昼食をとります。スイカが涼しげな冷麺でした。

飛行機の窓から富士山
富士山が見えました

最終日も雨で残念でしたが、最後に富士山が見送ってくれました。

あとがき

大沢温泉湯治屋は、リピーターも多くリーズナブルに湯巡りができる宿。次の機会も宿泊したいと思える宿でした。10段巻きソフトクリームは、ぜひ1度は食べてみて欲しいです。

「JALどこかにマイル」は、ミステリーツアー気分が味わえるお気に入りの特典航空券。次の旅が楽しみです。

コメントをどうぞ