エティハド航空の機内食(後編)ブリュッセル~アブダビ~関空

エティハド航空の機内食(後編)

とても暇なので、帰国便も食リポを続けます。

ブリュッセルから関空まで、エティハド航空(UAE)を利用。

ブリュッセル→アブダビ 6時間20分
→関空 8時間40分

▼前編はこちら。

ブリュッセル~アブダビ

朝から何も食べていないので、ブリュッセル空港で朝食。

空港でオムレツの朝食

オムレツにコーヒーを付けると、夫婦で6000円。ユーロも、バカ高い(泣)

日本時間18:00(現地時間10:00)フライト。機材はB787。

20:30 機内食1回目。

1回目の機内食

チキンを選択。

四川料理のようなチキンライス。固いパサパサご飯、激辛唐辛子だけど好きな味。サラダの食材は不明。海葡萄のような食感で、多くの日本人は嫌いだろう。甘いチョコレートブラウニー。ハイネケンは冷えていた。

コーヒー

食後のコーヒー。ミルクだけと言うと、2個くれる。ミルクというより牛乳だ。

23:30 機内食2回目。

2回目の機内食

チーズポテトパイは、珍しく温めてある。包装紙が油でベトベトだがおいしい。チーズケーキも普通においしい。残念なのは、まだお腹が空いていないこと。日本では、もう寝る時間だ。

01:00 アブダビ到着。

アブダビ空港

アブダビで、2時間のトランジット。

アブダビ~関空

03:00 フライト。機材はB787。

04:00 機内食3回目。

3回目の機内食

フィッシュを選択。

白身魚フライと激辛唐辛子のスパイシーヌードル。キュウリのマヨネーズサラダ。抹茶ケーキ。これまでの食事で、一番おいしかった。お腹は満腹だけど…

9:30 機内食4回目。

4回目の機内食

ベジタリアンを選択。

具材が厚揚げの焼きそば。厚揚げにスパイスが染み込み、肉がなくても物足りない感じはしない。キュウリとトマトのサラダ。生クリームケーキ。

12:00 関空到着。

あとがき

特筆すべきは、全8回の機内食で、同じメニューが1品もなかったこと。

メイン、サラダ、デザートのいずれも、充分な量で満足度が高い。香辛料が苦手な人には辛いかもしれないが、イスラム圏のスパイス・スークを歩けば納得できる味付けだと思う。

ボーイング787機は、座席が200席以上あるが、関空~アブダビ間の乗客は少ない。多くの人が座席を移動し、広々と3席を独占利用している。おかげで、横になって眠ることができる。

前編でもお伝えしたが、遅延や欠航がなければ、コスパの高いキャリアだと思う。

コメントをどうぞ