年収1000万円が長財布を使うのは本当か?キャッシュレス時代の財布と現金の使い道

長財布のイメージ

ひと昔前、

財布の値段の100倍が、年収になるという都市伝説が流行った。

10万円の長財布を使うと、年収1000万円になるというものだ。

10万円の長財布 × 100倍 = 年収1000万円

理屈はこうだ。

お金の顔の向きをそろえて、長財布に大切にしまう。

お金を大切に扱うと、お金に好かれてお金が寄ってくる。

ヘー!そうなんだ!?

私も、ヴィトンで、10万円の長財布を買ってみた。

しかし…

どう考えても不便だ

大きすぎて、スーツの胸ポケットにしか入らない…

カード会社に勤めたおかげで、カードの悪用手口はよく知っている。

飲食店で、スーツを預けるときは、必ず財布を手元に置く。

大きすぎて、邪魔にしかならない

あれは、ブランド業界の策略であったとしか思えない。

買った長財布は、ほとんど使わず箪笥たんすやしになっている。

キャッシュレス時代の財布

現代では、ビジネスカジュアルが主流だ。

スーツ姿のサラリーマンも少なくなった。

追い打ちをかけるのが、キャッシュレス。

docomoがお財布ケータイを発表してから、キャッシュレスに拍車がかかった。

スマホがあれば、お金を持ち歩く必要もない。

私が愛用している財布は、モンベルの小銭入れ

モンベルの財布

アウトドア好きには、お馴染みだろう。

クレカ1枚と、免許証が入っている。

現金は、できるだけ使わない。

マイルを貯めて旅行を楽しむ主義だ。

キャッシュ・イズ・キング

黒字倒産という言葉がある。

もうかっているのに、倒産してしまうことだ。

キャッシュフローが、いかに大事かがわかる。

キャッシュの使い方

住宅ローンを、繰上げ返済する人は多い。

しかし、それが本当に正解だろうか

0.5%の住宅ローンに充てるより、

高配当株で3〜4%の配当金をもらう選択肢はないだろうか?

一時5%を超えた米国国債を、今のうちに買っておくのも一手だ。

日銀のインフレ目標は2%だ。

なにもしなければ、資産は目減りする。

運用の失敗が恐い?

余剰資金を投資しないのは、日本人だけだ。

持ち家は負債

持ち家を資産だと思っている人は多い。

間違いなく負債だ。

ローンを完済しても負債のままだ。

その証拠に、固定資産税を支払わなければどうなるか。

政府に差し押さえられ、競売にかけられて終わりだ

住宅ローンを完済しても、所有権を有しているだけにすぎない。

■資産=現金が入る状態
■負債=現金が出る状態

「金持ち父さん」は、一度は読んでおいて損はない。

あとがき

キャッシュレス化が進む一方、システムトラブルのリスクは残る。

カードで買い物できず、出金もできなければ困ってしまう。

スマホを紛失すると、日常生活にも支障をきたす。

便利な世の中である反面、危うさも垣間見える。

いずれ、網膜や静脈など生態認証の時代が来るのだろうか…

コメントをどうぞ